環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

脳に電極を埋め込み人工的テレパシーを実現?遠く離れたネズミの脳の情報を共有させることに成功(米研究)
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20130310184034.jpg

 米ノースカロライナ州のデューク大学生物学研究グループが、米ノースカロライナ州ダレム市の実験室にいるネズミと、遠く離れたブラジル北東部のナタル市の実験室にいるネズミの脳に電極を埋め込み、片方のネズミが覚えたことを別のネズミに伝えることに成功したという。

 まずは、喉が渇いたネズミに基本訓練を施し、光がついた時にレバーを押せば水が出てくることを覚えさせた。その後、極小の電極をネズミの脳に埋め込み、細いケーブルでコンピューターにつなげた。

 ブラジルにいるネズミは「発信側」で、水が出る仕掛けを理解すると、脳から一連の電気信号が発信され、インターネットを経由して、アメリカにいる「受信側」のネズミの脳皮質にリアルタイムで届くしくみとなっている。その結果、発信側のネズミから送られた信号によって、受信側のネズミもすぐに水を飲むことができたという。この実験の成功の確率は70 % 程度で、普通の訓練よりもかなり確率が高かったそうだ。

実験映像


 発信側のネズミが様々なタスクを達成した際の脳信号の変動は、明確な電気信号パターンに置き換えられ、受信側のネズミに送信される。このパターンの有用性に受信側のネズミが気付くと、そのパターンは受信側のネズミの視覚処理や触覚処理に統合され、パターンと決定の間に関連付けを行う。

 ただ、依然として不明確なのは「皮質可塑性」と呼ばれる現象で、受信側のネズミがいかにして発信側の信号を自分の心的空間に統合しているのかはわかっていないそうだ。

 実験に携わった神経生物学者ミゲル・ニコレリス氏は、「実験で基本的に示されたことは、受信側の動物は自分の脳の中にある地図の延長として、別の動物を組み入れることができるという点だ。しかし、それがいかにして行われているのかは分かっていない」と語った。

1_20130310184240.jpg

 また、ニコレリス氏は、こうした実験が人間ではなく実験動物でのみ行われることを強調した上で、「この実験は、脳をつなぎ合わせて、すべての脳が相互作用するような、脳のネットワークを作る可能性を示している。」つまりは人間の間でも同様の通信が可能であるということだ。
 
しかしこれは一方の脳が、他方によって支配される危険性もあるということであり、英ウォーリック大学のクリストファー・ジェイムズ氏は、「これが非人道目的で使われるようになることを考えれば恐ろしい」との感想を述べたそうだ。

via:io9afpbbruvr

☆ミームとの違いは何なんでしょうか?

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.