環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

ミュータントオタマ誕生、オタマジャクシの尾に機能する目を移植することに成功(米研究)
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20130331201126.jpg

米マサチューセッツ州メドフォードのタフツ大学の生物学者、マイケル・レビン博士が、オタマジャクシから目を切り取って、別のオタマジャクシの尾に移植し、その目が完全に機能しているという驚くべき結果を示した。

 脳ではなく、脊髄につながったこの目は、本来なら正常でないない位置にあるのに、きちんと機能している。この発見は、特に再生医療分野において多くの意味をもつだろうと研究者らは期待している。

 レビン博士は、「この医療のもともとの目的は、生物学的、人工的な代替品と置き換えることで、失われた感覚機能を取り戻すことだった。しかし、この研究例を見ると、失明などのような知覚障害を治療するのに、必ずしも脳とつなげる必要がなくなるかもしれないということを示している。」と語る。

尾に目を移植したオタマジャクシ
1_20130331201247.jpg

2_20130331201236.jpg

1_20130331201234.png

 科学者たちは、研究用によく使用される134匹のアフリカツメガエルのオタマジャクシを使って実験した。半分に赤いライト、残りの半分に青いライトを当て、赤い方にだけ電気刺激を与えるようにし、これを一定の間隔で交互に繰り返した。すると尾に目を移植されたものの19%以上が、赤いライトを避けて泳ぎ、青いライトには通常の動きを示した。ライトへのこうした反応は、正常な目をもつグループの反応と違いがなかったという。つまり、尾の目でも見えているということだ。

1_20130331201348.png

1_20130331201422.png

機能する尻尾の目
1_20130331201541.jpg

2_20130331201533.jpg

 脳ではなく、脊髄にしかつながっていない目でもちゃんと機能するとは、誰も想像しなかっただろう。この成果により、失われた感覚器官を補う際に、直接、脳に繋げることなく器官が再生できる可能性が高まった。再生医療分野で応用されることで、これまで困難とされていた体の一部の再生ができるようになるかもしれないと期待が寄せられている。

※この記事は海外サイトの原文に基づいて意訳したものです。
via:dailymailpopscihuffingtonpost

 更に応用すれば、第三の目を後頭部あたりに持つことも可能ということになるのか?ゴルゴより優れたスナイパーが現れるのも時間の問題かもしれないな。

☆人工的に増やしたものに、脳はついていけるのだろうか?

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!



スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.