環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

2014年10月、火星に彗星衝突の可能性(各国研究)
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20130414175259.jpg

  サイディング・スプリング彗星 (C/2013 A1) は、2013年1月3日に発見された新しい彗星だ。この彗星が2014年10月19日、火星に最も接近する。この接近の際、火星に衝突する可能性がわずかながらあるという。もし衝突すれば、200億メガトン(TNT換算)の爆発が起きると言われている。

 サイディング・スプリング彗星 (C/2013 A1)は、2013年1月、オーストラリアのサイディング・スプリング天文台にてロバート・マックノートによって新たに発見された、非周期彗星の1つである。仮符号の C/2013 A1 は、この彗星が2013年中に発見された最初の彗星であることを示している。

 核の絶対等級は10.3等級と推定されており、核の直径は約50kmと推定されている。この彗星は2014年10月25日に太陽に最も接近する。摂動により軌道が変化しない限り、太陽系の中心部に入り込むのは2014年の近日点通過が最初で最後である。

彗星C/2013 A1(サイディング・スプリング)の推定軌道
1_20130414175345.png

 近日点通過前の2014年10月19日18時45分、サイディング・スプリング彗星は火星に最も接近する。計算の誤差によって低い確率ではあるが衝突の可能性があるという。軌道要素の不確かさが大きいため、サイディング・スプリング彗星の火星に対する最接近距離を求めるのは困難なのだそうだ。

1_20130414175434.jpg

 2013年3月18日に出された、162日間の212回の観測結果によれば、サイディング・スプリング彗星はもっと遠い場合で火星から約33万8000km (0.00226AU) のところを通過すると考えられている。しかし、もっと接近する可能性もあり、最小距離は0である。もっとも最適な値では、最接近距離はわずか約11万8000km (0.00079AU) であると考えられている。

 サイディング・スプリング彗星の火星への接近時の相対速度は約55.96km/s。これほどまでに速いのは、サイディング・スプリング彗星が火星に対して逆行軌道を持っており、また、近日点距離が火星軌道とほぼ接しているため、ほぼ正面衝突に近い形で衝突するためである。仮に衝突すれば、衝突エネルギーは20ペタトン (8 × 1025J) と、リトルボーイの1兆倍、ツァーリ・ボンバの4億倍のエネルギーが放たれ、直径500km、深さ2kmのクレーターが生ずると考えられている。

C/2013 A1軌道シミュレーション映像


via:huffingtonpost . wikipedia

☆これは、今から楽しみやがな!

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.