環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

太陽の死は地球からどのように見えるのだろうか?
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

2_20130429174151.jpg

 太陽の寿命は100億年程度だと言われている。現在、太陽系は約46億歳であることがわかっている。あと数十億年もすれば、中心核の液体水素燃料が枯渇し、激しい燃焼が内側から太陽の表面へと広がる。これは赤色巨星と言われるもので、これによって太陽はより輝きを増し、強烈な光の放射が地球にも破壊的な影響を及ぼすと言われている。そんな太陽は、地球からいったいどのように見えるのだろうか。

 これは、海外サイトio9のロン・ミラー氏による、太陽の死が地球に与える影響とその予想図である。

1_20130429174232.jpg

 地球の表面温度が、平均的だった20℃から75℃まで上昇し、海水は蒸発し、地球は生命のいない砂漠と化す。

1_20130429174307.jpg

 水素をヘリウムに変えてエネルギーを作り出していた太陽は、ついに水素を使い果たしてしまう。この頃には残りのヘリウムが太陽の中心核に充満し、その重みで崩壊し始めて不安定になる。中心核は高温高密度になり、太陽はこれまでの1.5倍ほども膨れ上がり、明るさも二倍以上になる。

 次の7億年はそれ以上は明るくならないが、膨張は続く。焦土と化した地球からは、もやのたちこめた空に巨大なオレンジの球が浮かんでいるように見えるだろう。

1_20130429174355.jpg

太陽の表面の1/4以上が吹っ飛び、容量が減るせいで、まわりの惑星の軌道が変わる。金星は今の地球と同じくらいの距離になり、地球もさらに太陽から遠くなる。膨張した太陽は赤い巨大な火の玉になり、しまいには現在の166倍もの大きさになる。これは今日の地球の軌道の大きさとほぼ同じだ。水星と金星は巨大な太陽の炎に飲み込まれ、地球の山々は溶けて、灼熱の糖蜜のような溶岩の海が広がる。膨れた太陽は空の半分を覆うほどになるだろう。

1_20130429174423.jpg

太陽が熱と光で地表を暖め、冥王星はかつて地球で見られたものよりもくっきり見えるだろう。
1_20130429174452.jpg

 太陽の中心のヘリウムの温度が超高温になり、ヘリウムの原子が互いにぶつかって巨大なエネルギーを放出する。太陽がまたいったん息を吹き返したように見え、大きさも少し縮み、そのままの状態が次の1億年ほど続く。水素の原子が融合してヘリウムが作られるように、ヘリウムが融合して、新しい元素、炭素と酸素がつくられる。これら三つの元素が太陽の中心に蓄積し、新たな反応が始まる。

1_20130429174520.jpg

 再び太陽は膨張し始め、ついに中心核のヘリウムが枯渇する。炭素と酸素も崩壊するが、新しい融合反応が始まるほどの威力はない。燃料がなくなって、太陽は終焉に向かい始める。大量のガスが宇宙へ放出され、太陽の半分近くの容量が失われる。そのせいで燃えかす同然になってしまった金星と地球は、さらに遠くへ離れる。

1_20130429174547.jpg

 炭素と酸素のまわりに残ったヘリウムの薄い層が不安定になり、太陽は激しく脈動するようになり、そのたびに容量が減っていく。ついに太陽の外面が全部吹っ飛ぶと、むき出しの中心核だけが残る。その大きさは現在の地球の大きさくらいで、高温だが余熱にすぎず、ここからは何も生まれない。バーベキューグリルの炭のように、ゆっくりと冷えて、ついには冷たい消し炭になる。地球の残骸である燃え尽きた惑星から、かつて私たちの太陽だった白色矮星が見えるだろう。

1_20130429174615.jpg

 ※この記事は海外サイトの原文に基づいて意訳・抄訳したもので、日本での解釈と異なる場合もあります。(via:What the Death of the Sun Will Look Like

CG 太陽の膨張と地球 イメージ映像


☆そのころまで人類はいるんだろうか?

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.