環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

生きた化石「シーラカンス」のゲノム解読。ほとんど進化していなかった(国際研究チーム)
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20130504181357.jpg

 生きた化石でお馴染みの、深海魚シーラカンスのゲノムを解読した国際研究チームは、シーラカンスが数億年もの間ほとんど進化していないことを突き止めたそうだ。この発見は太古の時代に魚類が初めて陸に上がった過程の解明につながると期待されている。

 研究チームがシーラカンスについて、ほぼ人間と同じ30億のDNAコードを調べたところ、数億年を経ても遺伝子レベルでの変化が驚くほど少ないことが分かった。同様の研究対象としては、最も芳しい成果が得られた種だという。

1_20130504181434.jpg

 研究に参加した米ブロード研究所のジェシカ・アルフォルディ氏は「われわれが調査した他の魚類や陸上の脊椎動物と比較して、シーラカンスは全ての遺伝子において進化のスピードが極めて遅いことが分かった」と説明した。

1_20130504181504.jpg

 同じくブロード研究所のカースティン・リンドブラッドトー研究員は「種が長い時間を経て、どのように変化してきたのかが議論の争点になってきた。だが、地球上には生物が変化する必要がない場所が少ないながらもあり、シーラカンスはそういった環境で生存してきた」と指摘した。

1_20130504181540.jpg

via:dailymailAFP

シーラカンスゲノム解析


 シーラカンスは、うろこは灰茶色で成魚は体長が2メートル、体重91キロにもなり、現存する魚類のなかでは最も古い種と考えられている。古生代デボン紀に出現して広く世界の水域に栄えたが、約6500万年前(中生代白亜紀末)の絶滅イベントを境にほとんど全ての種が絶滅した。

 長らくシーラカンス目は全て絶滅したものと考えられていたが、南アフリカの北東海岸の沖にて1938年、現生種の存在が確認され、学会および世界を騒然とさせた。その後、1952年にインド洋コモロ諸島で、1998年、2007年、2008年にはそれとは別種のシーラカンスが確認されている。

☆シーラカンスって1種類とちゃうかったんかいな?

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.