環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

宇宙服新時代に突入か?真空状態でも生きたままでいられるナノスーツを開発(日本研究)
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20130512181744.jpg

 海外サイトでは、この開発が進めば、「宇宙旅行に革命をもたらす宇宙服ができあがるかもしれない」とかなり飛躍的なタイトルが踊っているが、昆虫の体に塗るだけで、電子顕微鏡の真空容器に入れても生きたまま詳細に観察できる「ナノスーツ」と呼ばれる保護膜を、浜松医科大の針山孝彦教授や東北大の下村政嗣教授らが開発したそうだ。

 これまで、電子顕微鏡で虫などを観察するには、真空容器に入れなければならず、ほとんどの生物は干からびて死んでしまう為、生きたままの状態を観察することができなかった。

 ところが、ショウジョウバエやハチなどの幼虫は、体表面の変形がないまま微細構造が観察でき、死なずに活発に動いていた。 このことに着目した針山教授らは、これらの幼虫を詳しく観察したところ、体表面がぬるぬるとした粘性のある分泌物に覆われていおり、その分泌している物質に電子線が当たって化学反応が起き、厚さ50~100ナノメートル(ナノは10億分の1)の保護膜ができていることがわかった。それが高真空下での体表からの気体や液体の放出を抑制していたのだ。

1_20130512181822.jpg

 保護膜の成分を分析したところ、キャンディーなどの食品添加物にも指定されている界面活性剤「Tween20」が似た成分をもち、生物適合性もよいことが分かった。この界面活性剤を、これまで電子顕微鏡で直接観察が不可能だった蚊の幼虫(ボウフラ)やハムシなどに塗り観察したところ、電子線照射によってナノスーツが形成され、微細構造や動く様子を観察することができたという。虫などがナノスーツで保護され、生きたまま観察できるのは1時間ほどだという。

1_20130512181849.jpg

 「ナノスーツ」と命名した保護膜は、食品や化粧品に使われる化合物の溶液に電子線やプラズマを照射するだけで作れる。工業分野で虫などの表面の微細構造をまねて新材料を作ったり、医学分野で動物器官の細胞レベルの動きを観察して新しい薬や治療法を開発したりするのに役立つという。 



そして将来的にはナノコーティングされた宇宙服で、真空状態でも軽々と遊泳できるって流れになったらいいなーっと海外では期待されているわけなんだね。これまで見ることのできなかった生きのいい虫たちの電子顕微鏡ビジョンの鮮明なマクロ画像が見られる日がくることにワクワクなんだ。

via:io9dailymail

☆これ、水中でも使えるやろ!

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.