環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

太陽の磁気エネルギーが地球に及ぼす影響を視覚化した映像「ダイナミック・アース」
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20130609162934.jpg

 太陽から地球に向けて放たれるものは電磁波だけではない。太陽表層部のコロナホールからは常に太陽風と呼ばれるプラズマ流が流れ出していて、これが地球大気(地球磁場に束縛されたプラズマ)と相互作用することによって地球磁気圏を形成している。太陽風のエネルギーは磁気圏尾部の磁気エネルギーとして蓄えられていく。

 この映像は太陽から地球に放たれた磁気エネルギーがどのように地球に影響を及ぼしているかを、米航空宇宙局(NASA)のゴダード宇宙飛行センターがアニメーション化したものなのだそうだ。

ソース:Video: The Magnificent Power of Earth's Magnetosphere Showcased in NASA Video | Popular Science

ゴッホの描く渦巻きみたいだ。


 最近、太陽がざわついていて、太陽嵐が多発しているとか、異例の磁気反転が観測されたとか、怪物級の黒点が現れたというニュースが立て続けに報じられているが、今月17日にも、フィラメントのような巨大な黒い竜巻状物質と、その先端に不気味な球体の暗黒物体が現れたとしてその映像が公開されていたようだ。

Sun - Coronal Cavity Sphere June 17, 2012


 コロナ放電の一種かと思われるが、太陽が「極大期」に入る前触れなのだろうか?太陽の活動には約11年の周期があることが分かっている。最近の活動周期は1996年に始まっており、理由は不明だが、予測よりも長引いていそうで、活動のクライマックスである極大期に近づいている兆候は既に現れはじめており、(NOAA)宇宙天気予報センターの最新の予測では2013年半ばごろに極大期のピークに達するとみられている。

☆ボチボチくるで!

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.