環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

太陽系外惑星としては初の「青い惑星」が発見される(NASA・ESA共同研究)
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20130715190117.jpg

アメリカ航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)の共同研究チームは、ハッブル宇宙望遠鏡を用い、他の恒星を回っている惑星としては初めて、その惑星の本当の色(true colour)を特定することに成功したという。この惑星は、「HD 189733b」で、観測の結果、宇宙から地球を見た際の地球の色を思わせる深いコバルトブルーの色をしていることが判ったそうだ。

 HD 189733 bは、地球から63光年離れたこぎつね座のHD 189733Aという恒星の周囲を回る、地球からはもっとも近くにある太陽系外惑星となる。2005年10月5日にフランスの天文学者たちによって発見された。この惑星は主星にきわめて近い軌道を回っている木星型惑星(ホット・ジュピター)である。

1_20130715190154.jpg

 これまでこの惑星はハッブル宇宙望遠鏡や他の天文望遠鏡によって詳細な観測が行われてきた。これらの観測の結果から、この惑星の大気は、激しいフレアと嵐によってかく乱され、ドラマティックな変化が生じていることが判った。そして今、この惑星は、太陽系外惑星としては初めて可視色による計測が可能となった惑星ともなったのである。

1_20130715190222.jpg

 青い惑星?ってことはひょっとしてひょっとするとハビタブル?と期待してしまうわけなのだが、地球と似ているのは「青い」ってだけだそうだ。恒星の近くを回っているガス惑星であることから、惑星の大気は、摂氏1000度の灼熱の温度で、ガラスの雨(ケイ酸塩の粒子)が降り、時速7000キロメートルの速度の横風が吹き充てれいるのだそうだ。地球生命体にはちょっと無理な相談だ。

Blue planet HD 189733b Studied by Hubble Telescope


☆やっぱ、地球が一番綺麗やで!

via:quantumday sciencenewsline

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.