環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

太陽系にはしっぽがあって四つ葉のクローバーのような形をしている。NASAの探査衛星が初観測
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20130721162312.jpg

 これまで、太陽からは全方向にプラズマ粒子が放たれていて(太陽風)、太陽系が天の川銀河の中を進む方向と反対側に長く伸びる“尾”(ヘリオテイル)を形成していると考えられてきたが、NASAの星間境界観測機「IBEX」がその全体像を初めて観測した。

 かつて、太陽以外の星に尾が観測されたことはあるが、自分のしっぽを自分で見るのはやはり難しく、ヘリオテイルはこれまで観測されていなかった。
 


 今回IBEXは、遠くからの検出が難しいプラズマ粒子の代わりに、プラズマ粒子が太陽系外からの星間物質(水素)とぶつかってできる中性原子を観測した。中性原子の動きは太陽磁場の影響を受けないので、どこからやってきて届くかがわかるのだ。

1_20130721162447.jpg

 IBEXの研究員らが調べた3年間のデータから、たなびくプラズマ粒子の分布をとらえた姿が浮かびあがった。画像上下(南北)の青い部分が高速の粒子、左右(東西)の黄色い部分が低速の粒子の分布を示しているが、これは太陽の極付近からと赤道付近からとの太陽風の速度の違いを反映しているようだ。

1_20130721162519.jpg

 この四つ葉のクローバーのような形が全体として少し傾いているのは、太陽から遠ざかるにつれて太陽磁場よりも外界の磁場からの影響が大きくなってくるためとみられる。

1_20130721162550.jpg

「ヘリオテイルは、天の川銀河の中を私たちがたどってきた“足跡”です。その一端が見えてきたのは素晴しいことです」とNASAのエリック・クリスティアンさんは語ったそうだ。

via:io9 astroarts

☆四葉のクローバーどこでもブームじゃねぇ!

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.