環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

ここなら住める?ケプラー宇宙望遠鏡が探し出した10の地球に似た惑星
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20130824210032e85.jpg

 地球型の太陽系外惑星を探すためにNASA(アメリカ航空宇宙局)が2009年3月6日に打ち上げたケプラー宇宙望遠鏡が、これまでに探し出した10の地球に似た惑星が公開された。そう遠くない未来、地球にもしものことがあった場合、このうちのどれかの惑星に人類がコロニーを形成する可能性は0ではないのかもしれない。

1.ケプラー62
1_201308242105095eb.jpg

 最近になって、NASAは生命がいるかもしれない地球型惑星2つを発見した。ケプラー62系列星には、地球の5分の1の明るさしかない、小さなほの暗い星があり、6つの軌道のうち、4つが近接している。ケプラー62-cとfは、生命が存在する可能性のあるハビタブルゾーンの中にある。62-fには地球より濃い大気があり、水もある。半径は地球より4分の1ほど長く、ハビタブルゾーン内ではもっとも小さな星。62-cは、fより少し大きくて冷たく、やはり水が存在する。両方とも、太陽系から1200光年の距離にある同じ系列内にある。

2.16キュクノス-b
2_201308242105085a5.jpg

 極端に長い楕円の軌道をもつ太陽系外惑星。この星の衛星にも同じようにドラマチックな四季があり、一年は26ヶ月、星同士がもっとも接近する時期になると、ほぼ2ヶ月の間、地表が沸騰するという。星がもっとも離れる17ヶ月の間は、キュノクスとその衛星はマイナス112℃まで下がる氷の世界になる。あとの7ヶ月は星の位置が適切になり秋と春がやってきて、穏やかな季節になる。巨大な海があり、大地も広大で、空は雲に覆われている。寿命は短くとも、この星の生物は快適かもしれない。

3.グリーゼ581-c
3_2013082421050802c.jpg

 太陽系から20光年離れた穏やかな惑星。小さな親星グリーゼ581の周囲を公転する第三惑星。星全体は水でできている。気温は穏やかで、青空が広がり、空高く太陽が見える。技術が進み、大型船内や宙に浮かんで生活することを厭わなければ、グリーゼ581-cは楽園だろう。

4.グリーゼ581-d
4_20130824210507345.jpg

 グリーゼ581星系の中のひとつ。とてもゆっくり回転していて、親星側は熱く、暴風が吹き荒れている。しかし、大気があり、親星からエネルギーの半分をもらっているため、科学者たちは生命がいる可能性が高いスーパーアースとして位置づけている。湿気の高いむっとした環境で、常に赤いたそがれがたちこめ、なんらかの形の生命がいるのではないかと、さまざまな興味深い推測が飛び交っている。

5.ケプラー22-b
5_20130824210507245.jpg

 初めて発見されたスーパーアース。太陽系とよく似た親星を周回していて、その軌道はハビタブルゾーンにある。大きさは地球のほぼ2.5倍。まだ大気や地表の成分についてははっきりわかっていないが、地球に非常によく似た星であることは確かだ。

6.ケプラー69-c
6_20130824210641f27.jpg

 ケプラー系列星とは分かれているが、親星の構成は地球によく似ている。大きさは太陽の約70%で、ハビタブルゾーンの近くにある。この星は、地球より70%ほど大きく、スーパービーナス(金星)と名づけられた。気温は高めだがそれほどではない。

7.かに座55番星e
7_201308242106407f2.jpg

 かに座系星の星の周りを公転するとても明るい星で、肉眼でも見える。ほとんどがダイアモンドでできている。
質量は地球の8倍、高圧力で、炭素と鉄が大量に存在する。3分の1は宝石でできているという。

8.HD33512-b
8_20130824210640629.jpg

 質量は地球の3.5倍。軌道周期は54日。この星は一見、生命には適さないように見えるが、太陽系外惑星が地球の環境に合わないからといって、必ずしも生物がいないとは限らない。このHDがそれを証明するかもしれない。21℃という快適な気温、広大な大陸に巨大な雲、日暮れの光景など、地球とほとんど変わらない。ヴェガ(こと座)星系にあり、新たな家になる可能性はある。

9.タイタン(土星衛星)
9_20130824210639e87.jpg

 土星の衛星で、常に科学者の興味を惹きつけてやまない星。我々の太陽系内にあり、雨も降り、山や雲、海もあるが、地表の温度はマイナス178℃。大気中には濃いメタンが含まれている。それにもかかわらず、生命を構成するための基本要素がいたるところに存在する。初期の地球に極めてよく似ていると考えざるをえない。

10.エウロパ(木星衛星)
10_20130824210639b91.jpg

 木星の衛星。クレーターや火山のないきれいな地表をしている。地殻には十字に交差したブロックとともに、水の氷が含まれていて、これは氷河が動いたことを示している。科学者はこの氷の表面の下には、巨大な海がが広がっていたのではないかと推測していて、新たな証拠によって最近それが証明された。氷棚の崩れた部分から、巨大な湖があることがわかり、それが塩分を含んでいることが判明したのだ。この事実だけでも、水生生物が存在した可能性は十分にあるといえよう。

via:.acidcow

 どの星も、もちっと人類の宇宙開発技術が進めば、住めなくもないことはないかもしれない。パルモ的におすすめなのは土星の衛星タイタン。もしかしたらタイタン星人がすでに住んでいるかもしれないし、地球に潜伏しているかもしれないよ。おっとこれ以上は業務秘密だったんだ。

New Earth-Like Planets Discovered by NASA's Kepler Space


☆すぐ近くにあったんやんけ!

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.