環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

マイクロソフト、クラウドサービス「オフィス365」発表
1_20101020141638.jpg
米ネバダ(Nevada)州ラスベガス(Las Vegas)で開催された見本市、コンシューマエレクトロニクスショー2010(2010 International Consumer Electronics Show)に出展した米マイクロソフト(Microsoft)のブース(2010年1月7日撮影、資料写真)。

米マイクロソフト(Microsoft)は19日、クラウドコンピューティングを活用した企業向けサービス「オフィス365(Office 365)」を発表した。

 マイクロソフトのクラウド関連サービスSharePoint、Exchange、Lyncに新たに加わることになる。パッケージの費用や、購入、インストール、保守にかかる手間を省くことができる。ベータ版は「Office365.com」から提供され、正式版は来年に世界各地で利用可能となる。

 同サービスの利用により、企業用ネットワークに組み込まれているOutlook Exchangeや文書プログラムに、スマートフォンやタブレットPCなどの携帯端末からアクセスすることが可能となる。

 設定所要時間はわずか15分で、使用料はユーザー1人あたり月額6ドル(約490円)。大企業向けにテーラーメードされたソフトウエアパッケージの使用料は、ユーザー1人あたり月額2~27ドル(約160~2200円)。

 オフィス365を発表したオフィス部門のカート・デルビーン(Kurt DelBene)社長は、「当社は現在、(パッケージ製品から)クラウドサービスへの転換点にある。今や、『クラウドに移行するかどうか』ではなく『いつ、どのように移行するのか』が問われている」と話した。

☆オープンオフィスのほうがいいと思うけど!
 openoffice.org ← クリックしてね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.