環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

ついに太陽が2つに?赤い巨星 「ベテルギウス」 が謎の膨張、超新星爆発の兆候か?
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_2013092820402705d.jpg

 2011年、NASAは、オリオン座の1等星「ベテルギウス」が超新星爆発へ向かうと見られる兆候が観測されたと発表したが、最近になって北海道、北見工大の三浦則明教授らが、「なゆた望遠鏡」を使い、特殊な方法で観測したところ、30~40年前より直径が2~3倍にふくらんでいる可能性があることがわかったそうだ。

 また、ハワイのマウナケア天文台の内部情報によれば、ベテルギウスがここ16年間球形を保てなくなっていることがわかったという。これは、数週間あるいは数ヶ月以内に超新星爆発が起こる明白な兆候であるという。

 近いうちにいよいよベテルギウスの爆発が起きる可能性が高まってきた。

 北見工大の三浦則明教授らは、兵庫県佐用町の西はりま天文台にある「なゆた望遠鏡」を使い、年老いた星の表面に増える酸化チタンを見ることができる特殊な方法で観測した。地球の大気のゆらぎを、特殊な統計処理で取り除き、高い解像度でベテルギウスを撮影することに成功。その結果ベテルギウスの形は楕円形にゆがみ、1970~80年の記録と比べると、直径が2~3倍になっていたという。

1_20130928204116746.jpg

 赤い巨星ベテルギウスがここ16年間球形を保てなくなっている。極と極とは急速に圧縮され、赤道は遠心力のためかろうじて維持されている。数週間あるいは数ヶ月以内に超新星爆発が起こる明白な兆候である。

 ベテルギウスが爆発するとどうなるのか?

 地球から見ると、爆発により温度が急上昇するためその色は赤から青に変化し、どの星よりも明るく輝く。その明るさは満月のおよそ100倍とも言われており、もしかしたら太陽と同程度になるとも言われている。

 空に太陽が2つあるように見えるかもしれない。そしてその状態は約6週間から3か月続くと予想され、地球の一部区画に「白夜」が訪れることになるだろうとされている。ちなみに 地球人が最後にこのような天体ショーを目撃したのは1054年のことだそうだ。

via:ruvrasahi

地球から見た爆発イメージ映像


※追記:2013-09-27
 わくわくと疑心暗鬼が入り混じった「ベテルギウス」爆発だが、コメント欄によると、数か月以内に爆発というこの情報はにはなんの根拠もなく、疑わしいと、東工大教授専門家が、自らのツイッターでつぶやいたそうだ。

 その理由として、ハワイのマウナケア天文台は、世界各国の天文学研究機関に所属する第一級の天文台・望遠鏡が集合する区域であるが、あくまでも区域名で、「マウナケア天文台の内部情報」という表現自体が怪しいということ、「ここ16年間球形を保てなくなっている。」とあるが、重力崩壊する太陽の百分の一ほどの小さな中心核と、外から見える太陽の千倍の外層はほとんど独立に変化するので、外観から中心核の短期的な状態変化を推定するのは困難であること、また、変化が本当でも、超新星爆発の兆候なのか、脈動変光星のように何千年も繰り返された周期的変化なのか、判断は困難だということ、ベテルギウスは大質量の赤色超巨星なので、100万年以内に重力崩壊型超新星となる可能性が高いと考えられるが、「数ヶ月」という短い時間尺度で発生時期を星の外側の観測から予言することは困難であるということなどがあげられていた。

1_20130928204628961.jpg

詳しくは@NobuKawai 氏のツイッター

 まあ、そんなことだろうとは思っていたけど、結局は、今の科学力をもってしても「いつなのか?」は断定することはできないってことだね。爆発の期限の誤差は数千年単位だっていうし。しかも太陽が2個ならぶほど明るくはならないとも言われているが、これは実際に見ることができた人が、その事実を確認できるってことになるわけだ。ということで、われわれ現代人は見ることができるかもしれないし、そうでもないのかもしれない。という現実を踏まえたうえで、それでもちょっと期待して待ってみることにしよう。そうしよう。

☆この爆発、今年の8月ころや言うとったもんなぁ!

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.