FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

地球はあと何年くらい人類が生息可能な場所であるのか?(英研究)
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_2013100620273258f.jpg

 現在の地球の年齢は45.4億年歳であると推測されている。これは太陽とほぼ同じで、太陽系の1つである地球は太陽に依存しており、太陽の寿命が100億年くらいとされていることから、それ以前には地球も終わりを迎えると言われている。

 地球はあとどれくらい、人類が生息可能な地でいられるのだろうか?英イースト・アングリア大学のアンドリュー・ラッシュビー博士は、太陽との距離をベースに、太陽熱の影響によって、惑星に水が存在するかどうかの分かれ目であるハビタブルゾーンの概念からこの期間を割り出したという。

 その星がハビタブルゾーンに留まるか、はずれるかによって惑星の寿命が計算できる。ラッシュビー博士の計算では、地球が生命の住める星である期間はあと17億5000万年続くという。

1_20131006202821b0b.jpg

 地球の場合、今から17億5000万年後から、32億5000万年後の間にハビタブルゾーンからはずれると考えられ、その後は太陽からの熱のせいで地球の温度が上がり、海の水が蒸発してしまい、最終的に生命が絶滅してしまうという。人類はじめ、複雑で高等な生物は少し気温が上がっただけですぐに影響を受けるだろうが、微生物などは熱に耐えるものもいるかもしれない。

1_2013100620285590c.jpg

 同じ時間を振り返ってみると、17億年前には細胞生物がすでに存在していた。昆虫は4億年前から、恐竜は3億年前から、植物(被子植物)は1億3000万年前から地球上にいた。解剖学的には現生人類はまだ20万年しか存在していない。つまり、単なる細胞生物から知的生物へと発展するのにとてつもなく長い時間がかかっていることがわかる。

 惑星の生存可能な時間がどれくらい残されているかを知るのはとても重要だ。知的で高度な生物へと進化するのにかかる時間がわかるからだ。高等生物にとって生存可能な条件が整うのに長い期間が必要なのだ。

1_2013100620292537d.jpg

 生存可能のための基準を研究することは、生命が住める惑星の可能性を調査し、銀河系のどこかに存在するかもしれない生命の活動範囲を理解することができる。もちろん、進化の多くはめぐりあわせもあって、一概に決めつけられないが、人類のような知的で複雑な生物が現れるには数百万年の時間がかかる。これは地球の生存可能な寿命全体の75%に相当する。同じようなことはあらゆる場所で起こるだろう。

 天文学者によって太陽系外に1000の惑星が発見されていて、天文学的、地質学的な時間の観点からその生存可能な進化の特徴が研究されている。

 地球と火星、他のハビタブルゾーンにある8つの惑星を比べてみると、大きな星より軌道が小さい惑星のほうが、ハビタブルゾーンに長く留まる傾向があることがわかった。その中のひとつ、ケプラー22bは寿命が43億年から61億年もある。さらにグリーゼ581dは424億年から547億年というとてつもなく長い寿命がある。太陽系が存在している時間の10倍も、穏やかで住みやすい環境が続くのかもしれない。

1_20131006202957bd4.jpg

 これまで地球とそっくりの惑星はまだ見つかっていないが、地球に似た生命が居住可能な惑星が、10光年以内という天文学的にはとても近い場所に存在する可能性は高い。しかし、そこにたどり着くには現在の地球の技術では何十万年もの時間がかかってしまう。ほかの惑星に移り住まなくてはならないとしたら、火星が一番適しているかもしれない。地球に近いし、太陽の寿命である55億年後までハビタブルゾーンに残るだろうから。

via:Earth Expected to Be Habitable for Another 1.75 Billion Years

☆俺もそのころまで、生きていたい!

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.