環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

ヒトが死んでから最大17日生き続けるゾンビ細胞を取り出すことに成功(フランス研究)
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20131007184506365.jpg

 最近アメリカ界隈では、ヒトの死肉を食らうゾンビ事件が世間を賑わせているが、骨格筋幹細胞は、実際にヒトが死んでからも最大で17日間生き続け、それを取り出すことに成功したと、フランス、パリのパスツール研究所の研究者らが発表した。この研究論文は「Nature Communication」に掲載される。

ソース:These live stem cells were recovered from a 17-day-dead human corpse

 これまでの研究で、死後2日たったヒトの死体から生きた幹細胞を分離させることには成功していた。パスツール研究所のファブリス・クレティアンらは、今回の研究により、死後17日たったのヒトの死体と、死後14日たったマウスの死体から、骨格筋幹細胞を分離させ、生存させることに成功したそうだ。

筋幹細胞
1_20131007184643a48.jpg

 また、これらの幹細胞は、死後いったん休眠状態になっているそうで、これをまた生き返らせ自己複製するためには、低濃度の酸素が必要なことも判明。取り出した幹細胞は、筋肉を損傷したマウスの筋繊維の再生に役立つ可能性があることも、死後4日のマウスから取り出した幹細胞を使っての実験により明らかとなった。

 これらの"休眠"細胞を利用することで、自己修復メカニズムを探る生物学的研究に大いに役立つだろうと期待されている。

PIC筋幹細胞、生細胞イメージ


☆なんやかんやと、出来てきよるでぇ~!

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.