環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

宇宙って怖い。これまでで最も危険だった10のスペースワーク
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20131105181241209.jpg

 宇宙遊泳中シャトルが破壊し、宇宙空間に放り出されてしまう。全米で公開された映画、ゼロ・グラビティ(日本では12月13日公開予定)は、無重力空間へ放り出された2人の宇宙飛行士に襲い掛かる絶体絶命の危機を描いた作品で、10月4日に公開されるやいなや、既に世界興行収入3億ドルに迫る大ヒットとなっている。

 では現実にはどうなのか?これまで、数々の宇宙飛行士たちが宇宙空間へと送り込まれたわけだが、宇宙船外活動中に起きる緊急事態は滅多に起こることはないという。だがそれもゼロではない。未知なる宇宙空間の中では、想定しなかったアクシデントが発生してしまったこともあるようだ。

 というわけで、海外サイトが特集していた、過去50年以上にわたる有人宇宙船の歴史の中からいくつかの危険な作業の実例を見てみることにしよう。

10.ハッブル宇宙望遠鏡の修理
1_20131105184056e3d.jpg

 映画、『ゼロ・グラビディ』ではその災難に見舞われた時、スペースシャトルの宇宙飛行士は無重力下でハッブル宇宙望遠鏡の修理を行っており、彼らは近くにある国際宇宙ステーションに逃れる、というシーンから始まる。

 だが実際にはハッブル宇宙望遠鏡と宇宙ステーションは約190km離れていて、映画の中でジョージクルーニーが演じる宇宙飛行士が身につけたジェットパックみたいなものでは届かないほど遥か遠くにあるのだ。

 というわけで、現実世界で最後に行われたハッブル望遠鏡修理ミッションは、最初から危険すぎると考えられていた。何がまずいことがあったとしても、その宇宙飛行士達には逃げ場も無く、なんの救助も期待できないからだ。それでもミッションは進められ、ジョン・グランスフェルド、アンドリュー・フォイステル、マイケル・マッシミーノ、そしてマイケル・グッドは5回を超える宇宙遊泳でその修理とアップグレードを順調に進めた。

9.宇宙船ボスホートの入り口用ドア
2_20131105184144d10.jpg

 宇宙開発競争が始まったばかりの頃、宇宙遊泳に何が必要になるのかを知る者は皆無だった。あえて一つあげるとすれば、それは外気圧によって膨らんでしまったスーツを着た宇宙飛行士がまともに通れるぐらいの大きな出入り口だ。

 1965年、歴史に残る初の宇宙遊泳を行ったソヴィエトの宇宙飛行士アレクセイ・レオーノフは、宇宙服が膨らみすぎて、宇宙船ボスホートのドアを通り船内に戻ることができず、危うく命を落としそうになった。だが、幸いにもスーツについていた圧力を逃がすバルブのおかげでドアを通過できるぐらいにスーツを収縮させることに成功し、彼は無事船内に入ることができた。

8.最悪な宇宙遊泳
3_201311051841595e9.jpg

 ジェミニ9号に搭乗したジーン・サーナンは、宇宙船の歴史が始まってからちょうど3度目の宇宙遊泳の際、着ていたスーツがオーバーヒートしてしまうというトラブルに見舞われた。船外でいくつかの実験を試みていたのだが、予想外に時間がかかり、バイザーは曇り、疲労も限界に近づいていった。

 彼はついに作業を断念し、自分の身体をハッチに押し込めた。そう、前述のレオーノフと同樣、彼のスーツはその窮屈な宇宙カプセルに入り込むにはほとんど不可能なぐらいに膨らんでいたのだ。サーナンは1999年に出版された著書「The Last Man on the Moon」の中で、ジェミニ9号での体験を"最悪な宇宙遊泳"といっている。

7.サシャ、これを切断するなんてことは我々がするべきじゃない思うんだが…
4_20131105184220506.jpg

 減圧は宇宙ステーションの宇宙飛行士にとって最もひどい悪夢だ。だが1997年、その悪夢は現実になってしまう。コントロール不能になったプログレス貨物船が宇宙ステーションミールに衝突し、モジュールに穴をあけてしまったのだ。

 警報が鳴り響く中、宇宙飛行士のマイケル・フォールとサシャ・ラズトキンは損傷を受けたモジュールと、宇宙ステーションの残りの部分を接続している電気ケーブル類を外さなくてはならなくなった。が、その時2人の手元にあった"ツール"は1本のキッチンナイフのみ。厳密には船外活動にあたらないが、それに近い作業を彼等はやり遂げた。キッチンナイフでケーブル類を切断し、真空に引き込まれ絶命しないよう素早くハッチを閉鎖、しかも宇宙服無しで、だ。2人は無事生還したが、損傷したモジュールは再び修理されることなかった。

6.ミッション: インポッシブル
5_20131105184241b85.jpg

 1985年、スペースシャトルディスカバリー号は貨物室から1基の衛星を放ったが、衛星のブースターロケットが点火しなかった。これはまずい事態だ。シャトルの軌道の中で衛星が立ち往生してしまうと衛星が使い物にならなくなってしまう。そこで宇宙飛行士のジェフ・ホフマンとデーブ・グリッグスの2人はそのブースターを手動で点火するため、外に出ることになった。

 だが実はこの2人、今回のフライトには船外活動を行う予定は無かったことから最小限の訓練しか受けていなかった。当然のことながら、不発なだけでいつ点火してもおかしくないロケットエンジンの周囲で作業をする羽目になった彼等は生きた心地がしなかったようだ。その作業は計画通りに進められたが、肝心のブースターは点火しなかった。結局2人は目的が果たせないまま船内へ戻った。

5.カタパルト
6_201311051843013f2.jpg

 1973年、うまく開かないソーラーパネルを修理するために奮闘していた宇宙飛行士、ピート・コンラッドとジョー・ケルウィンは、突然パネルが展開したせいで2人仲良くスカイラブ宇宙ステーションの外に投げ出されてしまった。あやうく虚空に旅立ちそうになった2人だが、幸いにも命綱が救ってくれた。
 
4.ツキを逃すな
7_2013110518431907d.jpg

 これは救助活動が可能な距離をはるかに超えた所で船外活動を行なうことになったアポロ15号、16号、そして17号の司令船の各パイロットの話だ。

 彼らに課されたミッションの内容は、月からの帰還途中に船外に一旦出て、撮影済みのフィルムを回収するというものだった。ひょっとしたらこの任務にあたったパイロットには、月と地球の両方が視界に大きく立ちはだかる、という最高に壮大な景色を楽しむ余裕があったかもしれない。各自きちんと月の写真を回収し、無事に帰還できたのもツキに恵まれたおかげだろう。

3.真の宇宙遊泳
8_201311051843370b3.jpg

 1984年、ブルース・マッカンドレスはジェットパックと呼ばれる有人機動ユニット(MMU)を背負い、その推進装置を使ってスペースシャトルチャレンジャー号から約98m離れた所まで遊泳した。これは宇宙船と結ばれた命綱無しの状態で、宇宙飛行士が宇宙に浮かぶ人工衛星となった史上初の出来事だった。もしMMUに問題があった場合、ブルースが宇宙空間に取り残されるという恐れもあったが、幸いなことにシステムは完璧に作動した。

2.宇宙服トラブルで酸欠
9_20131105184355050.jpg

 これは地上で起きた出来事だが、宇宙服着用中の恐ろしい話だ。1967年、地上の圧力室でアポロ計画用宇宙服のテストが行われていた最中に、宇宙服を身につけていた技術者のジム・ルブランは突然呼吸不能になってしまう。それは酸素ホースが緩んだせいだった。

 後に彼が語った体験談によると、彼は失神する直前に自分の舌の唾液が泡になっていくのを感じたという。幸いにもそこで頭の回転が早い同僚が圧力室内を与圧したため、彼は生涯続くようなダメージを負う手前で救助された。

1.水の拷問
10_2013110518441410c.jpg

 昨年の夏、欧州宇宙機関の宇宙飛行士ルカ・パルミターノは国際宇宙ステーションの外で遊泳中、宇宙服のどこかから漏れてきた水がヘルメットに入り込み、視界を遮られたままで溺れてしまった。水は初めに彼の視界を遮ると、ほぼ同時に耳の中を満たし、鼻を覆い、頭を振ってもそこから逃れることができなかった。必死に自分の気を鎮めつつ、彼は手探りでなんとかエアロックに引き返した。そこでやっと彼のヘルメットは同僚の手助けで外された。水はタオルで拭いてもらって事なきを得た。

11_201311051846035e0.jpg

 「宇宙は過酷で情け容赦の無い場所である。そして我々は入植者でなく探検者なのだ」。災難にあったパルミターノは後に自身のブログでこのようにコメントした。「我々を支える技術者のスキルや周辺のテクノロジーは複雑な物事をシンプルにみせてくれる。ともすると忘れてしまいがちだが、我々が未知なる場所の探検者であることを忘れてはならない。」

via:popularmechanics

☆へぇ~、としか言いようがないがな!

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.