環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

「いかなる標的も大陸間を1時間以内に横断して攻撃」マッハ6の最新鋭偵察機「SR-72」開発進む(米ロッキード・マーチン)
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20131116203233693.jpg

 米航空会社大手「ロッキード・マーチン」は、SR-71(ブラックバード)の後継機、SR-72を目下開発中であることを伝えた。SR-72の愛称は「ブラックバードの息子」。その性能はブラックバードをはるかにしのぐもので、マッハ6の超音速で飛び、超音速ミサイルを発射することができる無人機である。

 父であるSR-71、ブラックバードは、レーダーに探知されにくいステルス機で、音速マッハ3以上のスピードで高度2万6000メートルを飛行、戦時代に大活躍した。その息子となるSR-72は、その倍である音速マッハ6を叩きだす。超音速機と超音速ミサイルを組み合わせることにより、これまで入れなかった空域に入り込み、いかなる標的でも大陸を1時間以内に横断して攻撃することができるという。

1_20131116203346b50.jpg

 また、ブラックバードには操縦士ともう1人、偵察装置を操作する乗員が必要だったが、SR-72は無人機として設計される。ステルス構造はマッハ6のスピードと両立しないため採用しないが、そのスピードがステルスの代わりになるという。

1_2013111620341126e.jpg

1_20131116203431809.jpg

1_20131116203455979.jpg

 開発計画の鍵を握る予算についてだが、ロッキード社の超音速機部門を統括するブラッド・リーランド氏によると、「次の段階では大規模な実験が不可欠となり、必要資金が大幅に増える。DARPA(国防高等研究計画局)や空軍からの出資が必要になるだろう」と語ったそうだ。



via:businessinsidercnn

☆マッハ6か?考えられん技術力じゃ!制御するOSはなんなんやろ?

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.