環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

海王星、14番目の衛星が発見される(NASA研究)
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_2013120814024463f.jpg

 米航空宇宙局(NASA)は15日、ハッブル宇宙望遠鏡で撮影された画像を分析した結果、太陽から最も遠い惑星で”海王星”に14番目の衛星を発見したと発表した。この衛星はこれまでに発見された海王星の惑星の中では一番小さいという。

 14番目の衛星は仮称「S/2004 N1」で、直径は約19キロメートルほど。海王星から約10万5250キロ離れ、公転周期は約23時間だそうだ。

1_20131208140324553.jpg

 この衛生は、2004年~2009年の間にハッブル宇宙望遠鏡が撮影した150枚以上の写真の中に繰り返し写りこんでいた白い点を調査した結果、その存在が明らかとなった。

 画像を分析した天文学者のマーク・ショーウォルター氏は、新たに発見した衛星の名前について、他の衛星同様、「ネプチューン(海王星)に関わりがあるローマ神話やギリシャ神話の登場人物に関連するものになるだろう」と話している。


via:forbes

1_20131208140602ff3.jpg

☆衛星の定義がようわからん?

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.