環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

何かいるかも!衛星エウロパの氷の地表から水が大噴出しているところが観測される(NASA)
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20131215205954bd3.jpg

 米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡が、木星の衛星エウロパの氷に覆われた極寒の南極領域で、高さ200キロにも及ぶ水の噴出を観測したそうだ。

 これは氷に覆われた地殻の下に海が存在していることを示しているという。もしかしたらやつらが存在しているかもしれないという期待度は大幅アップだ。

 この大噴出は、氷の下に広がっている海の水が、木星の引力によるゆがみでできた氷の隙間から噴き出したものと推測されている。

1_20131215210048780.jpg
ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した水蒸気の位置を示す写真

ハッブル望遠鏡は2012年末にエウロパの南極近くから蒸気のようなものが立ち上るのを観測。データを分析すると水を構成する酸素と水素が主成分で海の水が隙間から噴き出したと結論付けた。水は凍って表面に落下したとみている。

1_20131215210129d4a.jpg

2_20131215210145eac.jpg

 将来の探査では分厚い氷をドリルで掘り進むことが必要と考えられてきたが、NASAのチームはこうした隙間を狙うことで容易にサンプルが手に入るのではと期待している。

1_20131215210214b8a.jpg

 NASAは、小惑星などによって運ばれた有機物がエウロパの海で生命に進化した可能性もあるとみており、生命体の痕跡発見に向け、新たな探査構想を立てる予定だという。



何かあるとは思っていたが衛星エウロパには夢もロマンも氷も水も溢れていたみたいだね。今後の調査結果が楽しみだ。

via:nasa.sankei

☆これは、期待できるねぇ!

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.