環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

あまり知られていない月に関する10の秘密
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_201401051217157f8.jpg

 月は宇宙の中で私たちの住む地球に一番近く、最も身近に感じる天体である。最近では観測衛星などにより興味深い事実がわかってきたが、それでもまだ謎に包まれている部分もある。ここでは、知っている人は知っているが、一般的にあまり知られていない月についての10の秘密を見ていくことにしよう。

10.月地震 月で起きる地震
1_201401051222204ed.jpg
 
 月は大きな岩の固まりで、ほとんど地質学的な現象が起きないが、まれに地震が起きる。月で起きる地震は小さな揺れで、月地震と呼ばれる。

 月地震は4つのタイプに分けることができる。深発地震(地下深い所で発生する地震)・隕石の衝突による揺れ・太陽の熱による熱地震の3つは小さな揺れで比較的街は少ない。しかし、浅い所で起きる月地震はやっかいだ。大きな家具が揺れる程の大きさ(約マグニチュード5.5)で、この揺れが10分間も続く。NASAによるとこれらの地震によって月が鈴のような円になっているそうだ。

 月地震がなぜ起きるのか、今もって全く分かっていないことだ。地球で起きる地震のほとんどがプレートの動きによって起きているが、月には地球のような活動しているプレートはない。

 研究者たちは、これらの地震は月の引力によって起きる地球の潮の満ち引きと関連しているのではないかと考えている。しかし、この仮説は立証されていない。潮汐力が月の状態に何らか影響を及ぼしているためか、月地震が起きる場所は局所的である。

9.月も惑星?
1_20140105122307141.jpg

 一般的に月は地球などの惑星とは違うものだと考えられているが、惑星に分類することができるとの説もある。惑星とする1つの例として、地球の月はあまりにも大きいので、地球の衛星という枠組みには入らないことが挙げられる。

 地球の直径の約4分の1程の大きさであり、太陽系の中で最も大きい衛星である。(冥王星にもカローンと呼ばれる冥王星の直径の半分程の大きさの衛星があるが、冥王星はもう惑星として扱われなくなったので、カウントされない)

 この大きさのため、地球の月は完全に地球の軌道に乗っているわけではない。地球と月はそれぞれ独自の軌道を持っており、地球と月の間にある点を中心として廻っている。この点は、バリーセンター(月と地球の重心)と呼ばれる。月が実際に地球を軌道としていると誤解されるのは、この重心が地殻に位置しているためである。この事が、月と地球は一緒に惑星として扱われず、代わりに地球は惑星で月は衛星として扱われる理由である。しかし、将来この考えが変わるかもしれない。

8.月はゴミの山?
1_20140105122404374.jpg

 人類が月面着陸をしたのは既に周知の事実であるが、月にいった人類がそこでピクニックをしていたことに気づいている者は少ない。これまで、月に行った宇宙飛行士たちはかなりのゴミを残して行った。月に残された人工物の量はなんと181,437kgにもなると見積もられている。

 だが、心配しないでほしい。宇宙飛行士たちがわざとちらかしたり、食べたものをそこらへんに捨てたのではない。ほとんどのゴミが様々な実験した時に出たゴミや宇宙探査機、月面移動車といったものである。その中には、今でも機能しているものもいくつかある。しかし、宇宙飛行士が出した排泄物がつまったコンテナや穀物などがゴミとしてあるのも事実だ。

7.月葬 月に残る科学者の遺灰
1_20140105122448ee5.jpg

 天文学者・惑星科学者として有名なユージン・シューメーカーは、宇宙での隕石衝突を科学的に研究する方法を開発したり、アポロの宇宙飛行士達が月で調査をできるような方法や技術を考案し、偉大なる業績を残した。

 シューメーカーは宇宙飛行士になりたかったが、病気を持っていたため断念せざるを得なかった。彼の人生の中で、このことが一番失望したものであった。しかし、彼は希望を捨てず、いつか月に行くことを夢に見ていた。彼が亡くなった時、NASAは彼の願いをかなえるために、1998年月探査機ルナ・プロスペクターと共に彼の遺灰を月へと送った。彼の遺灰はまだ月に残り、塵と共に舞っていることだろう。

6.月に生命体!?


 月の探査機で撮影された写真の中に、月の表面で何か奇妙な物を捉えたものがあった。これらの画像を見ると、写っているのは人工的なもので、小さな缶のようなもの陶器の破片が並んで、少なくとも1.6kmもの高さがある塔のようなものである。

 オカルトファンは、月面には大きな城も存在しているとみている。彼らは、月には高度に発達した文明を持つ何かが生息しており、それらがこの複雑な構造物を建てたことが考えている。

 しかし、NASAはこういった仮説には否定的である。何か生命体を示唆するような画像は陰謀説を信じている者たちによって加工されている可能性が高いからである。

5.凶悪な月の塵(チリ)
1_20140105122536581.jpg

 もし月にいくとしたら、月の塵に注意しなければならない。地球上のどこにも塵はあるが、月の塵は格別に危険だ。月の塵は小麦粉のように細かく、かなりざらざらしている。また月は低重力のため、塵は月のどこでも地面にくっついている。

 NASAの宇宙飛行士たちはこの塵のせいで、靴はすぐにすり減り、顔を覆うヘルメットもかなり傷ついた。塵は宇宙服にくっついて宇宙船の中にまで入ってきて、それを吸いこんだ飛行士は花粉症のような症状になってしまう。長い時間塵にさらされると宇宙服自体がダメになってしまう。この凶悪な塵は使った後の火薬のようなにおいがするそうだ。

4.うまく歩けない 低重力による問題
1_201401051226187fd.jpg

 月の重力は地球の約6分の1のため、月で動き回るのは簡単な事ではない。宇宙飛行士バズ・オルドリンによると、宇宙服を着ると動きにくく、また歩くと足が15cm程埋もれてしまったとのことだ。

 低重力にもかかわらず、月での人の慣性(動きの変化に対する抵抗)が高いため、速く動いたり方向を変えたりするのが難しい。宇宙飛行士が速く動こうとするには、カンガルーのように跳ねて移動しなければならない。しかし、こうするとある問題も起きてしまう。月には無数のクレーターがあり、誤って落ちてしまう可能性があるのだ。

3.月の起源
1_201401051226544c6.jpg

 月はどこから来たのだろうか? 正確にはそれはまだ分かっていない。しかし、科学者たちはこれについていくつか推測している。

 月の起源については主に5つの仮説が考えられている。まず1つに、月は地球の一部で、地球の歴史の中でかなり初めの頃に分かれたという仮説、分裂説がある。この仮説は月が月の一部が現在の太平洋の海洋底にあるもので形成されていることが根拠となっている。また、他に月は地球の引力によって引き付けられたものが地球の周りをただ漂っているという仮説、キャプチャー説もある。他の説では、地球の衛星は沢山の小惑星がぶつかり合ってできたというものや、火星程の大きさの未知の惑星が地球にぶつかった時に生じたというものがある。

 現在、最も支持されている月の起源の仮説は、巨大隕石衝突説である。この説によると、ティアーと呼ばれる現在の惑星の元となる原始惑星が地球と衝突した。そして、その時生じた破片が集まり月となったという仮説である。

2.月での睡眠
1_20140105122740b75.jpg

 月が地球に及ぼす影響はなきにしもあらず。満月の時、人は変わった行動をすると信じられているが、このことについてはまだ科学的に説明できていない。だが、月が地球人の睡眠サイクルを狂わせている可能性は高いという。

 スイスのバーゼル大学で行われた実験によると、月の満ち欠けにより睡眠サイクルが乱されることが実験的に明らかになり、満月の時に最も睡眠状態が悪い結果となった。このことから、満月の時に人が狂ってしまうという仮説も説明可能になるのではないだろうか?満月の時に充分に睡眠がとれないのならば、通常の時よりも変わったものを見てしまうだろう。

1.奈落の底のような深い月で写る影
1_2014010512291107f.jpg

  ニールアームストロングとバズ・オルドリンが月面を初めて歩いてすぐに気が付いたことは、月での影は地球でできる影と比べ、大気が無いためにかなり濃いということだった。太陽が直接照らさないので物体が真っ黒なのである。一度影に入ってしまうと、太陽が空で燃えついていても、真っ暗で何も見ることができなくなった。

 二人はすぐに影を調整できることに気付いたが、暗い影の領域と太陽の光があたっている領域の間には一定のコントラストがありこれが難題となった。できる影の中には変わったものもあり、彼等はこれを ”ハドハロー” と名付けた。2人は後に不気味な経験をした。それは衝効果によって起きるもので、太陽がちょうど見える時になると、それまで暗かった場所が急速に明るくなる現象である。

 月での影はアポロ号のミッションを行う上でやっかいなものとなった。手元が見えなくなってメンテナンス作業ができなくなったり、洞窟のような深い影ができているためそこが急勾配の場所であるか判断ができなかったりした。

+ 月の磁気
1_20140105122958e7d.jpg

 月には磁気のある場所がないことは昔から知られてきた。ところが、1960年代と1970年代に宇宙飛行士たちが持ち帰った月の石は磁気を帯びていた。この石はいったいどこから来たのだろうか?月が磁気を持っていないのならその石はどのようにして磁気をもったのだろうか? 一体何が起きているのか?

 最近の研究で、月には磁気をもった場所が存在していたことが分かった。しかし、どうして磁気が消えてしまったのか?このことについて2つの仮説がある。1つは、月の鉄でできてるとされているコアの撹拌運動によって磁場が生じたという仮説と、大きな隕石が衝突した事と何かしら関係があるとした仮説である。

via:listverse

☆あまり知られていないと言うより、全部知っとる人間の方が珍しいわい!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.