環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

地球外生命体の存在が更にアップ?木星の衛星エウロパに巨大地底湖
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20140125183005df4.jpg

 2009年11月、木星の衛星エウロパの海に、魚のような生命体が生息している可能性があるというニュースを前回紹介したが、その可能性を裏付けるかのような論文が16日の英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。

 それは、謎多き木星の衛星エウロパ(Europa)の地下に、北米の五大湖と同じくらいの大きさの地底湖が存在する可能性を示唆したものだ。

ソース:木星の衛星エウロパに巨大地底湖、生命の存在に期待AFPBB News

 米航空宇宙局(NASA)の木星探査機ガリレオが1995~2003年に送ってきた画像からは、この氷に覆われた光り輝く衛星の表面に、亀裂やねじ曲げられた形跡などがあることが分かった。なぜ、太陽光がほとんど届かないこの星に、このような奇妙な地形が生まれたのか。

米航空宇宙局(NASA)の木星探査機ガリレオが撮影した木星の衛星エウロパ(Europa)の画像
1_201401251831392ac.jpg

1_201401251832411fc.jpg

1_2014012518330851c.jpg

 米テキサス大学オースティン校の地球物理学者、ブリトニー・シュミット氏率いる研究チームは、地球上でも見られるプロセスに答えがあると考えている。それは、海に浮かぶ氷棚の真下と火山を覆う氷河の下では、氷と温かな水煙が相互作用し「カオス地形」が生まれる、というものだ。

 チームが作成したモデルによれば、エウロパの氷殻の厚さは約10キロで、氷殻内に水をたたえた巨大なくぼみが存在していると考えられる。氷殻の表面から3キロ下という浅い場所にある地底湖からは、温かい水が水煙のように湧き上がり、表面の氷をもろくする。最終的に氷が割れて崩壊するという。

衛星エウロパ
1_20140125183344112.jpg

1_201401251834096b3.jpg

1_2014012518343586e.jpg

 この氷の崩壊現象は、生命の誕生の可能性を高めるかもしれない。崩壊する際、地底湖と氷の表面の間でエネルギーと栄養物がやり取りされるからだ。

 シュミット氏は、「氷殻が厚いことは、生命誕生の点では悪条件と考えられてきた。氷の表面が氷の下の海水と接触しないためだ。だが今回、氷殻が厚くても海水と活発に混ざり合うことが可能だという証拠が得られた」と指摘し、こう続けた。「エウロパとその海は、今まで考えられていた以上に、生命の誕生に適した場所かもしれない」

 期待度アップのエウレパを壁紙にしちゃいたいおともだちの為のエウレパ壁紙
(via EUROPA DALLO SPAZIO

ここをクリックで拡大表示した後右クリ保存
1_20140125183624685.jpg

☆めちゃめちゃ興味あんねん、こういう話!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.