環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

火星の表面に突如現れた謎の石。何もなかったはずの地表に忽然と現れる
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_2014020211523689a.jpg

 NASAの火星探査機「オポチュニティ」が、ワクワク地球外生命体探しの旅を行っている真っ最中だということはご存知だと思うが、そこで不可解な写真を撮影したという。

 定期的に火星の地表を撮影しているオポチュニティだが、これまで何もなかったはずの場所に忽然と石が現れたというのだ。

 オポチュニティはパノラマカメラが搭載されており、同じ地点の写真を12日間隔で撮影している。撮影開始より3528日目の写真には写っていなかったドーナツみたいな石が、3540日目写真にちゃっかり写りこんでいたという。

1_201402021153146c2.jpg

石の拡大写真
1_20140202115352694.jpg

 この写真は昨年11月頃に撮影されたもので、火星探査計画を率いる科学者のスティーブ・スクワイアズ氏が、オポチュニティの火星着陸10周年を記念して開かれたNASAのイベントで披露したものだ。

 この写真を見たNASAの研究者らは、このミステリーに頭をかしげながらも、もしかしたら地面に火山のように煙の出る場所があってそこから吹き飛ばされたのかもしれない。あるいは隕石が飛んできた可能性も。探査機のホイールが石を踏んで転がしたのかも?と、様々な仮説を立てたそうだ。


via:belfasttelegraph

 火星の地表にはこれまでも様々な物がありそうななさそうなでその都度話題となっていたわけだが、個人的には、「恐竜の化石が!?」って映像が一番感動しだな。まあいずれ、火星に行く予定の人がその真実を明かしてくれると信じよう。

 火星に恐竜の骨?


☆真実が、解明されるまで生きていたい!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.