環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

水と酸素は月と火星で現地調達。NASA、テラフォーミングに向けた新たなるミッションを開始
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20140208205306a01.jpg

 宇宙での長期滞在を効率よく実現するには、十分な酸素と水が必要となってくる。そこでNASAは、月と火星で水や酸素を作り出し、現地調達するためのミッション「リソルブ(Resolve)」を発足させた。

 このミッションは、将来的に人為的に惑星の環境を変化させ、人類の住める星に改造する「テラフォーミング」の最初のステップでもあるという。

 酸素と水がなければ、人間は長期間そこで生きることができない。しかし逆に言えば、酸素と水さえあれば、他惑星への移住を実現させることも可能となる。

1_20140208205406691.jpg

 地球から大量の水や酸素を運び込まずにその環境を作り出すには現地調達が一番効率的だ。手始めとして2018年に月で、土を加熱し水素や酸素を放出させ、その水素と酸素を化合し水をつくり出す実験の為、必要な装置を供えたなローヴァーを着陸させる予定だ。

1_201402082054496e4.jpg

 その後2020年には同様の実験を火星で展開する。こちらの実験は、火星の大気から二酸化炭素を抽出し、不純物を取り除き、二酸化炭素を酸素に加工する作業も行うという。

NASA plans to make water on Moon, oxygen on Mars

via:inhabitat

 これらの実験が成功すれば、他惑星への移住への足がかりとなる。近い将来、人類が月や火星の水や酸素で生きる可能性が高まってきた。やばい激ワクワク案件だ。

☆もうすぐやんか!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.