環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

天文学ミステリー:733年、地球上の放射性元素が謎の増加(各国研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20140216120041a7b.jpg

 2012年12月、日本の研究者が興味深い発表を行った。日本スギの年輪を研究していた名古屋大学の三宅芙沙氏は、木に含まれる炭素14の量が西暦774年から775年までのあいだ、突如上昇していたことを発見したのだ。

 他の研究グループも同じような発見をし、その時期は西暦773年だという発表があった。この年、地球に何かが起きた可能性があるとして注目を集めている。

 地球上で炭素14は、宇宙線と窒素原子が衝突することで絶え間無く作り出されている。この炭素14というのは放射性元素であり、5700年という半減期で崩壊しまた窒素へ戻っていく。この崩壊と生成が一定のスピードであるため、本来大気中における炭素14の割合は一定に保たれているはずだ。

彗星の衝突説
 中国の研究グループは、この時炭素14の濃度が上がった理由を、彗星の衝突によるものではないかと推測した。彗星にはアンモニア(NH3)の氷を含んでいることがあるのだが、その場合宇宙線との反応によってわずかに炭素14を含むことになる。彗星が衝突することで地球に炭素14が降り注いだという説だ。

1_20140216120131022.png

 だが現在、フィンランド、オウル大学のイリア・ウソスキンとヨッフェ物理技術研究所のゲンナジー・コワルツォフがこの説を否定している。773年に増えた炭素14の量は18kgほどなのだが、この数値から彗星のサイズを割り出すと、直径100kmを下らないという結果になった。

 もしそんな巨大な彗星が地球に衝突したのだとしたらクレーターのような証拠が残っているはずなのだが、そういった証拠がない以上、彗星由来説はありえないと言わざるを得ない。

 残っている可能性としては、炭素14が地球の大気中で作られたというものだ。それには二つの可能性がある。

超新星爆発説

 一つは太陽系の近くで超新星爆発が起き、地球に大量の宇宙線が降り注いだ場合だ。しかし、西暦773年に超新星爆発が起きたという歴史的な記録もなければそれらしい超新星の残骸もない。

1_20140216120218942.jpg

太陽フレアの大量放出説

 二つ目は、太陽が高エネルギー粒子を突然放出したという場合である。これはどういった話かというと、平常時の1000倍もの大きさの太陽フレアが発生したのではないかということである。この説は当初否定されたが、宇宙物理学者が計算したところ、そういった規模の太陽フレアは3000年に一度くらいのペースで起こりうるということがわかったのだ。

1_20140216120307b78.jpg

 しかしそれほどの規模の太陽フレアがあったのなら、古い文書などに記録があってもおかしくない。実際、西暦774年に書かれたある英語の文書に次のような記述があった。

 「今年は日没後、天に赤い十字架像も見え、マーシア人とケント州の男たちがオットフォードで戦い、不思議な蛇が南サクソンの地に見えた。」 さらに西暦776年に書かれたドイツ語の文書では、赤く燃えながら教会の上を動く二つの盾のようなものについて記されていた。それらしい痕跡はあったものの、これらは太陽フレアの確たる証拠とはならない。

 原因が宇宙にあることは間違いないだろうが、それ以外のことは今のところ、まだ誰にも分からない。

via:medium

☆ついこないだの、事やんか!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.