環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

ブラックホールに星が吸い込まれる瞬間
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20140302165059540.jpg

 国際宇宙ステーションに設置されている日本の実験棟「きぼう」の観測装置が、地球から39億光年離れたブラックホールに星が吸い込まれる瞬間を、世界で初めて観測したそうだ。研究チームは、謎の多いブラックホールのメカニズムの解明につなげたいとしている。

ソース:
ブラックホールが星を吸い込む瞬間、世界で初めて観測 AFPBB News

 国際宇宙ステーションの日本の実験棟「きぼう」には、さまざまな天体から出されるエックス線を観測する装置が搭載されていて、今年3月28日、地球から39億光年離れた銀河の中心にある深宇宙の天体から放射された強いX線を観測した。観測データを調べたところ、放出源は太陽の100万倍もの質量をもつ「超大質量」ブラックホールだった。

 同じ現象はNASAの観測衛星でも捉えられ、双方の観測結果を日本とNASAの研究チームが共同で解析した結果、この強いエックス線の画像はブラックホールに星が吸い込まれた瞬間を捉えたものであることが判明した。



 研究チームによると、30億光年という遠く離れた銀河のエックス線を観測できたのは、星が吸い込まれた瞬間にブラックホールから「ジェット」と呼ばれる物質が激しい勢いで噴出しているからだそうだ。超大質量ブラックホールの中には、太陽の10億倍を超える質量が観測されているものもあるという。

1_2014030217003447a.jpg

☆太陽の10億倍って言われてもわからへんのじゃ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.