環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

宇宙では、人は老化の早回しを体験する。(米研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20140329191434c8d.jpg

 時代を重ねるごとに人類の平均寿命は急速に伸びてきている。ところがどんなに寿命が伸びても、老化することだけはどうしても避けられない。

 経年により蓄積された分子レベルの損傷により、血管が固くなったり、筋肉が衰えたり、視界がぼやけたり、記憶力が乏しくなったりと、体は徐々に衰えていくが、果たしてそれは地球上だからなのだろうか?宇宙空間だとどうなるのだろうか?

 これまでの研究によると、地球上では老化を感じ始めるのに数十年かかるが、宇宙空間にいる人間は、まるで早送りでもされてるかのように老化を感じることがあるという。

 宇宙飛行士たちは、筋肉が衰え、関節が硬くなり、腸が過敏となり、歯がもろくなる。視界は狭くなり、肌はシワとなり、血管が硬化するといった老化に見られる体の変化を1回の宇宙飛行で経験する。

 実年齢以上に体の衰えを感じた宇宙飛行士だが、地球に帰還すると、年齢相応のところにまで戻れるのだそうだ。いくつか戻らない特徴もあるそうだが。

1_201403291915334b4.jpg

 こういった変化は無重力環境の影響によるものと言われている。重力というのは地球上でもっとも重要な力であり、生体システムの大部分で大きな役割を果たしている。

 筋肉を例にとると、老人の筋肉は歳をとるにつれて量が減りやせ衰えていく。その為動きづらくなり、動かない状態でいると、更に筋肉が衰えていく。宇宙飛行士の筋肉も、無重力下ではほとんど使われることがないため同様の反応を見せる。そのため宇宙飛行士が宇宙滞在を延長するときは、特殊な運動器具を使って筋肉が衰弱しすぎるのを防いでいるのだ。

1_20140329191622b8d.jpg

 似たような変化は骨にも起きている。ある程度の年齢を超えると、地球上の人間は一般に一年で1%から2%の割合で骨量が減少していく。しかし宇宙空間にいる人間はというと、1%から2%の骨量減少がたった一ヶ月で起きてしまうのだ。

 無重力下では骨格が体重を支える必要がないため、新しい骨細胞の生成量が減り古い細胞の分解・吸収量が増える。しかしこれは、一度地球に戻れば正常な骨量に戻ってくれるのだそうだ。

1_2014032919170727d.jpg

 宇宙飛行士は、早送りされた老化のような症状をいくつか経験する。そのため、なぜこういった起こるのかというメカニズムの解明や、症状を防ぐために何ができるかということが今研究されているのである。この研究成果は宇宙飛行のハードルを下げるだけでなく、地球上で寿命を延ばすことにもつながるかもしれないのだ。

via:howstuffworks
Sources:
http://spaceflight.nasa.gov/station/crew/exp7/luletters/lu_letter13.html
http://www.mayoclinic.com/health/aging/HA00040
http://health.howstuffworks.com/wellness/aging/aging.htm

 宇宙空間での老化に関しては、まったく逆の研究結果もある。

 2012年、東京都健康長寿医療センターや宇宙航空研究開発機構などのチームが宇宙空間で行った線虫の実験によると、宇宙にいた線虫は、地上の線虫に比べて、神経や内分泌にかかわる遺伝子の機能が低下し、加齢に伴って蓄積するたんぱく質の量も減っていたという。

 特に機能が落ちた7遺伝子を線虫の中で働かなくする実験を地上で行ったところ、通常約80日の寿命が最大20日ほど延びたそうだ。宇宙での11日間は、地上の10日間に相当したとみている。 線虫の場合には遺伝子が休眠状態となり、宇宙にいたほうが寿命が延びたということなのだが、この実験は人間に対して行われたわけではないのでそのまま人間に適応できるかどうかはまだわからない。

☆脳ヘのダメージが一番大きいと、何かで読んだぞ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.