環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

NASAが「地球外生命体の存在を認めざるを得ない」 という公式見解を発表、ヒ素を吸収し生命維持できるバクテリアの存在を確認
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20140412214627afc.jpg

 NASAが地球外生命体に関しての発表をするというニュースはネットでもちきりだったんだけど、米東部時間の2010年12月2日午後2時(日本時間同3日午前4時)にとうとう発表になったんだ。

 その内容は、NASAの研究チームが「生命維持に欠かせない"6大元素"の法則を無視し、有毒なヒ素を摂取して生命を維持できるバクテリアを発見した。」というもので、「もはや地球外生命体が存在することを否定することはできない」と言わしめるほどのすごい発見であるという。

source:
NASA: Arsenic resistant organism to impact search for ET life

 NASAのの研究グループは、米カリフォルニアにある塩水湖のモノ湖で、「GFAJ1」と呼ばれるこのバクテリアを発見した。これまで、既存の生物にとって、"炭素・酸素・水素・窒素・リン・硫黄"が生命体維持に欠かせない6元素であると考えられているが、「GFAJ1」は、リンの代わりに有毒であるヒ素を取り込み成長できるため、この定説を覆す存在なのだ。

 生命維持に欠かせない"6大元素"以外の物質を取り込む生物が発見されたということは、歴史上始まって以来の新発見であり、ぶっちゃけもう、なんでもありな"生命体"が存在する可能性が無限に広がっちゃったということ。

新たに見つかった生命体"GFAJ1"
1_20140412215011a05.jpg

2_20140412215039665.jpg

1_20140412215108e45.jpg

 ということは、苛酷な環境である宇宙空間で生きることの出来る生命体の存在の可能性がさらに広がったということで、NASAは会見で、「新たなバクテリアの発見により、『生命の定義』が広がった。今後は太陽系地球外生命体の存在を調査するにあたり、より広く、より多様に、われわれの知らない形の生命についても考慮しなければならない」と語ったという。



というかもうNASAのあたりでは宇宙探索で、既に怪しげなものをいくつか発見していて、「あれ、おかしくね?」、「いやいやいやいや、ないないないない、ありえない」ってことでスルーしていた生命体が実はあったってことかもしれないよね。で、「次からはちゃんと調査すっか。」ってことになったってことでいいのかな?

☆ガラスを腐らせるバクテリアの存在がスペースシャトルで確認されとるがな!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.