環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

いる?いるのか?大きさもほぼ一緒、これまでで一番地球に似ている惑星「ケプラー186f」が発見される。
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_2014051023271200d.jpg

 NASA(航空宇宙局)がついに、ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)内で、これまで発見された中で一番地球によく似た惑星を発見したそうだ。その大きさは地球の1.1倍とほぼ同サイズ。これは、ケプラー宇宙望遠鏡の映像を分析した結果明らかになったそうで、宇宙スケール的にはほど近い、地球から500光年離れた位置に存在するという。

 ケプラー186fは、地球で言うと太陽の存在となる恒星「ケプラー186」の5番目の惑星で、恒星を約130日かけて1周している。恒星までの距離は近すぎず遠すぎないため、この惑星には水が液体の状態で存在する可能性もあるそうだ。



 NASA、エイムズ研究センターのエリザ・キンタナ氏は、「この惑星は地球と似た性質を持つのに適した大きさで、かつ適した距離にある」と語る。地球よりも1.5倍以上大きいと、引力によって水素とヘリウムの厚い層を引き付けるため、外観が木星や土星のような巨大ガス惑星に似てくるが、1.1倍程度なら地球に近い表面と大気の組成が存在する可能性があるという。

1_20140510232905b84.jpg

 だが現在の技術ではケプラー186fを直接観測したり、大気や組成を判別するための分析を行ったりすることは不可能である。ここに本当に生命体が存在するのかどうかは更に科学技術が発達しなければ今の我々にはわからない。だが、ケプラー186f のような地球に近い位置にある地球に似た惑星の中に生命体が見つかる可能性は高いかもしれない。

1_2014051023294355f.jpg

 ということで、あとどれくらい待てば良いのかはわからないが、長生きしてればもしかして、世紀の大発見を目の当たりにすることができるのかもしれない。どうせなら知的生命体がいいよな。

☆500光年って、現代のロケットで何年かかんねん!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.