環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

宇宙の起源解明にまた一歩近づいた。ビッグバン後の宇宙急膨張の直接的な証拠が発見される(米研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_2014051723155274c.jpg

 ノーベル賞クラスの功績となるかもしれない発見が発表されたそうだ。この宇宙には始まりがあって、それが爆発により膨張して現在のようになったという「ビッグバン」説の、直接的な証拠がハーバード大学の研究チームにより発見されたのそうだ。これは、ビッグバンが全ての始まりであることの更なる証拠につながるという。

 この発見の内容を一般人が理解するのはかなり困難なのだが、今回発見されたのは宇宙初期における「Bモード偏光」と呼ばれる光の歪みなのだそうだ。

 この歪みは、非常に強い重力波がビッグバンの際に放出された光を巻き込むことにも関連しており、さらには重力波が実在する証拠にもなるという。時空を池に例えるなら、重力波とは石を投げ込んだとき水面に立つ波のようなもので、池が出現するのがビッグバンである。これは宇宙の起源を理解するにあたってかなり重要な発見であり、2012年のヒッグス粒子発見にも匹敵すると言う人もいる。

1_20140517231739f69.jpg

 かの有名なアインシュタインが、1916年にこの発見の全てを予測していたという。一般相対性理論で重力波は時空のさざ波として仮定され、その存在が検証され続けてきた。もし重力波が存在するのなら、ビッグバン直後の急激な宇宙の膨張も実際に起きたと言えるのだそうだ。

 同ハーバード大の天文学者であり、この研究には携わっていないアヴィ・ローブ氏は次のようにコメントしている。「もしこれが確認されれば、宇宙の膨張が加速しているということ以来の最も重要な発見になるでしょう。これはノーベル賞に値するものでしょう」

1_2014051723184045a.jpg

 ハーバード大の研究チームは、南極にある世界最高峰の望遠鏡BICEP2を用いてデータを収集した。この発見が公開される前にデータを閲覧した、ジョンズ・ホプキンス大学のマーク・カミオンコウスキー氏はTimeに次のように語った。「あの研究チームのメンバーは非常に慎重で保守的な人々です。彼らは三年前にこのデータを得て、あらゆる角度から今回の結果とは異なる説明がされないか検証し、そして別の可能性を一つ一つ除外していったのです」


via:foxnews

 このことを一世紀も前に予言していたとは、アインシュタインおそるべしといったところか。

☆ビッグバンて、牧師さんが、考え出したものと違うんかいな?

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.