環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

「地球外生命体はほぼ100パーセントの確率で存在する」天文学者らが米議会で報告(アメリカ)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_2014060121582192a.jpg

 「地球外生命体は、ほぼ間違いなく存在している」と、SETI (地球外知的生命体探査協会)の天文学者らが、米議会下院の科学・宇宙・技術委員会にて報告したそうだ。

 ABCニュースによれば、カリフォルニア州バークレーにあるSETI(地球外知的生命体探査協会)の会長、ダン・ワルツハイマーは、水曜日、米議会下院の科学・宇宙・技術委員会に対して、地球外生命体である微生物は「ほぼ100%近い確率で」存在していると答えた。 

1_201406012159103fe.jpg

 「生物の存在に必要な構成と状況はありふれており、宇宙のどこにでも偏在しているのだという証拠はこの50年で確実に増えてきている。」と、ワルツハイマーは書面で述べた。

 「生命があらゆる場所で誕生し、そして知性を持って進化していくというのは妥当な分析であり、そのために科学的分析が必要だ。」と付け加えた。

1_20140601215944b9e.jpg

 ワルツハイマーの仲間であるSETIの上級研究員であるセス・ショスタクも、議会に対して、我々人間が地球外生命体を見つける可能性は高いと指摘している。

 「私が考えるにその可能性は十分にあり、多分20年以内に起きると思う。ただし予算がつけばの話ですが。」とショスタクは委員会に対して答えた。

1_20140601220016af0.jpg

 これはこの下院委員会がここ数ヶ月に初めて開いた会合ではない。12月には委員会は地球外生命体に関して2時間にもわたるヒアリングを行っている。このヒアリングで議員たちはかなりの興味を示しており、今回の報告により、地球外生命体の探求継続のための予算をどれだけ得ることができるのかが注目されている。


via:huffingtonpost

1_20140601220245246.jpg

1_20140601220409166.jpg

☆予算があれば発見できるて、なんちゅう学者じゃ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.