環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

宇宙生物学が解き明かす究極の星。生命体に満ち溢れる「スーパー・ハビタブル・ワールド」の条件とは?
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20140607130049b17.jpg

 生命が住むのにちょうどいい星と言われて何を想像するだろうか。地球?やはりそうだろう。だが実は、もっと生命に適した惑星があるかもしれないのだ。そういった星は学者にスーパー・ハビタブル・ワールドと名付けられただが、一体どんな星なのだろうか。

 最近の論文で、宇宙生物学者のルネ・ヘラーとジョン・アームストロングがスーパーハビタブルワールドに必要な条件を説明している。

 スーパー・ハビタブル・ワールドの条件としては、地球の二倍から三倍ほどの重さの、岩石でできた地球型惑星であるのが絶対条件だ。というのも、その大きさの惑星は生命に適した次のような性質を持っているからだ。

---------------------------------------------------------------------------------------------
・地殻変動周期が長い。これによって生命の材料となる炭素とケイ酸塩がほどよく惑星内を循環してくれる。

・高エネルギーの宇宙放射線に晒されないための磁場を持っている。

・表面積が広いことで豊富な生物多様性を確保できる。

・重力が地球より強いおかげで表面がでこぼこしにくくなり、海は浅くなる。浅くて暖かい海では生命は爆発的に繁殖することが知られており、より生命の居住に適するのだ。しかもこの程度の重力なら生命の居住や進化の妨げになるほどでもない。

・地球よりも大気が薄くなり、地球より少し暖かくなる。しかしこれは暑すぎるということはなく、むしろ生命にとっては良い条件になる。

---------------------------------------------------------------------------------------------

 次に宇宙の観点から言えば、スーパーハビタブルワールドは私たちの太陽よりわずかに小さい星の周りを回っているのが望ましい。

 さらに、古くてより長い間輝き続けられる星が理想的だ。また、できあがってすぐの頃に小惑星や彗星のような天体との衝突を経験しておくとよい。これによって生命の材料となる分子ができやすくなるのだ。

 いろいろと条件が求められるわけだが、逆に公転軌道は安定した円形である必要はないそうだ。

1_201406071302335c5.jpg

 もっとも身近なスーパーハビタブルワールド

 ヘラーとアームストロングによると、もうスーパーハビタブルワールドの候補が知られているそうなのだ。その星というのは、太陽に最も近い恒星であるアルファケンタウリB星を公転する惑星である。

1_20140607130313034.jpg

 その惑星の質量は地球と同じくらいだそうだ。しかもその恒星の放射線強度はかなり低く、惑星の気候に重大な変化をもたらすほどではないという。

 「これは生命が住める惑星、究極的にはスーパーハビタブルワールドを探すための理想的なサンプルです」と二人は語る。もしアルファケンタウリBのハビタブルゾーンにある惑星の生命が地球と同じような進化を辿り、またその惑星が彗星や小惑星から水を得るチャンスがあったのだとしたら、原始的な生命がすでに息づいているというのもありえる話なのだそうだ。

ケンタウルス座アルファ星Bb

via:io9

☆星は、発見できても行く方法が発見できへんねんなぁ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.