環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

ワクワク案件:宇宙人からのメッセージか?銀河系外から怪電波を受信(各国天文学者)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20140607131015e3a.jpg

 今、世界の天文学者らを悩ませている新しい怪電波群がある。高速電波バースト(FRBs)と呼ばれるもので、2007年に初めて受信された。そのあと数回受信を確認し、今年4月に再度受信した。だがこの電波の正体が何なのか?まったく解明出来ていない。

 その為か、中性子が衝突したという説から宇宙人による信号であるという説まで飛び出してきている。

 1967年、英国の天文学者、ジョセリン・ベル・バーネルは太陽系外から送られてくる怪電波を受信し戦慄を覚えた。彼女はしばらくの間、この信号は宇宙人から送られたものであると考えていたが、のちに、これはパルサーという高速回転する天体から発される電波であることがわかった。

 だが、最近受信されている高速電波バースト(FRBs)はパルサーとは別物である。 下記の画像は、高速電波バーストから分離した信号だが、その発信源は何百万光年も彼方と見られている。

1_20140607131102c80.jpg

 高速電波バーストは一時的に、また、不規則に出現する電波の放出である。従って見つけるのがとても難しいし、研究するのも難しい。「ザ・プラネタリー・ソサエティ」(訳注:世界最大の宇宙に関する民間団体)のキャサリン・マックによれば、「いったい何がこんなに短くて鋭いバーストを生じさせるのか?そこが謎である。」と語る。

 これまで以下の仮説がたてられている。

---------------------------------------------------------------------------------------------

1.燃えている星説
いくつかの星は突然燃え上がる。燃える瞬間に電波を送ることが考えらえる。だが、この理論で行くと、他にたくさんの星が燃え上がっているのでそれを(中には映像つきで)捉えられてもおかしくないはず。

2.白色矮星の融合説
白色矮星2つが融合する時、さらに巨大となりさらに回転速度が速くなる。この状態だと極から一定の電波を発射することが可能であり、また、この理論が正しければ、高速電波バーストと超新星の誕生は関係があるということになる。

3.中性子星の衝突説
中性子星として知られる超高密度の天体は、他の天体に衝突して融合する前に大量の電波を放射する。この現象はすでに、ガンマ線バースト(GRBs)として知られる高エネルギー爆発の原因と考えられている。

4.ブリッツァー説
中性子星の中には超高質量星として知られるものもある。あまりにも質量が高いため、すでにブラックホールの中に吸い込まれて消滅しているはずなのだが、高速の自転により吸い込まれないで済んでいるというものだ。これらの星がもしも突然崩壊した時、ブリッツァーとして知られる非常に強い電波を発する。高速電波バーストもこれらの中の1種として考えられる。

5.宇宙人からのメッセージ説
異星人の通信ネットワークからの何らかの電波

---------------------------------------------------------------------------------------------

 最初の高速電波バーストは、2007年に捉えられた。しかしあまりにも短時間だった上、あまりにも不規則だったので、天文学者達は電波望遠鏡の故障ではないかとすら考えた。

 その信号は、5ミリ秒(1000分の5秒)しか続かなかったが、発見したダンカン・ロリマー博士の名前をとって、ロリマー・バーストと名付けられた。オーストラリアのパークス電波望遠鏡が新しい高速電波バーストを何度か捉えたのだが、世界中の電波望遠鏡の中でパークスだけが信号を捉えたのはおかしいと、単なる機械の不具合として処理されそうになった。

 最近の発見では、今年の4月に、高速電波バーストを受信できる巨大なパラボラアンテナを持つプエルトリコの天文台が高速電波バーストが実際に存在することを確認した。

1_201406071312162df.jpg

 「この途方もない発見は、未知で普通じゃない天文現象を示している。でなければ、これは宇宙人の広範なコミュニケーションのネットワークであり、宇宙は知的生命体に溢れているということを示している可能性がある。」と、UFO研究マニュアルを書いたナイジェル・ワトソンは言う。

 「宇宙から来るあらゆる非日常のサインは、我々に宇宙人が存在するサインなのかとドキドキさせる。このサインはあまりにも捉え所がなく、解釈のしようがないので、次世代に判断を任せるしかない。もしもこれが宇宙人からのメッセージだとしたら、我々人類がこの広大な宇宙の中で唯一の存在ではないというわけで、その認識は、我々の視点を大きく変えるだろう。」

 というわけで今はまだ、高速電波バーストは謎に満ちている。この電波がどこから来ているの、なぜ電波が発信されているのかを突き止めるにはまだまださらなる研究および時間が必要だ。

1_201406071312532cf.jpg
via :dailymail

1_20140607131446f3b.jpg

1_20140607131602ea3.jpg

☆好き勝手、言うて金もらえる奴が、うらやましい!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.