環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

航空力学美を結集した、戦闘攻撃型ステルス無人航空機 「ニューロン(nEUROn)」がお披露目
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20140706171954952.jpg

 フランスの航空機メーカー、ダッソー・アビアシオン社が中心となって国際協力のもと開発が進められている、ステルス無人航空機「ニューロン(nEUROn)」は2012年12月1日に初フライトが行われ、その後2年間を目途に、航空力学やステルス技術、自動化の実験を中心とする技術を実証する為の機種である。

 通常の戦闘攻撃型UAV(無人航空機)は、地上にいるパイロットが航空機を操縦する必要があるのだが、ニューロンは、地上管制の指示に応じて、離陸、目的地までの飛行、そして着陸まで半自動的に行うことを目的としている。

 全長は10メートル、翼幅は12.メートル。動力はドイツとフランスの合弁企業であるロールス・ロイス・チュルボメカ社が開発した「Adour(アドーア)」。

1_20140706172110f97.jpg

2_20140706172109a99.jpg

 今年の4月12日には、ニューロンと、有人戦闘機「Rafale」、ビジネスジェット機「Falcon 7X」、および撮影用の有人機2機の合計5機による編隊飛行を行い、これに成功したことを発表した。


The Patrol: nEUROn, Rafale, Falcon 7X - Dassault Aviation

 今後ニューロンは、地上や空中の脅威に直面したときに、レーダー反射断面と、熱紋を隠すことで探知を回避させること、また、自律飛行で偵察を実行して地上の標的を探知し、機体内部から武器を使用することも目標となっている。

 ニューロンは、2030年ごろを目安に、欧州各国の空軍への導入を目指している。開発費の約半分(約435億円))をフランスが負担し、その他、スウェーデン(SAAB)、イタリア、スペイン、スイス、ギリシャの企業もこのプロジェクトに参加している。


Dassault Aviation - Neuron UCAV Flight Tests 2014 [720p]
via:rpdefenseunmanned

☆まだ16年も先の話しかいな!」

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.