環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

新種の隕石発見か? 太陽系の謎解明に一歩前進(スウェーデン)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_201407131431413fb.png

 スウェーデン南部のトンスベルグにある石灰岩の採掘場で、新種らしき隕石が見つかった。この隕石は4億7000万年前に地球に飛来したもので、二年前に採掘場から101個の破片が見つかったそうだ。今この隕石が波紋を呼んでいる。

 石質の隕石というものは大きく二つに分けられる。内部にコンドトールと呼ばれる球状の構造を持つコンドライトと、それがないエイコンドライトだ。

 今回発見された隕石は化学組成が惑星形成初期のものである原始的エイコンドライトというものに分類され、その中でもウィノナイトという珍しいグループに一番近いそうだ。ところがその鉱石の中にはある元素が含まれてるため、ウィノナイトではないらしい。その表面や年代の古さから、これまで地球で発見されてきた4万9000個以上もの隕石とは異なることがわかった。

1_201407131432374a2.jpg

 専門家によると今までの隕石はほぼすべてがL型という化学組成のコンドライトで、今回のは非常に奇妙な発見なのだという。ではいったいどこからやってきたのだろうか。

 火星と木星の間にアステロイド・ベルトと呼ばれる小惑星帯があるのだが、そこでは天体同士の衝突が頻繁に起きていると考えられている。地球に向かってくる塵などは、こういった衝突が一因である。

 このアステロイド・ベルトの中には、L型のコンドライト隕石の大本となる母天体があるのではと考えられてきたが、いまだに発見されていない。

1_20140713143312109.jpg

 スウェーデンに落下した隕石がどれくらい長く宇宙を旅してきたのかを調べることは、衝突した場所を割りだすための重要なファクターである。この隕石はアステロイド・ベルトから抜け、1億年前以内に地球に来たそうだ。

 これはトンスベルグ採掘場から出てきたLコンドライト隕石の年代と同程度の時間であり、専門家によると、現代の隕石でこれほど早く地球に到達したものは少ないという。今回発見された隕石は、Lコンドライト隕石の母天体と衝突したものの片割れである可能性が高い。

1_20140713143348183.jpg

 この隕石の解析を行ったスウェーデン・ルンド大学のシュミッツはさらに、世界中にある同年代の隕石を調査することも計画しているそうだ。続報が待たれるところだ。

via:livescience

☆隕石ってどうやったら発見できんねん。普通の人、他の石と区別つかんのちゃうか!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.