環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

黒すぎてブラックホール。史上最高の黒さを誇る新素材「超黒」が開発される
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20140721141956fcd.jpg

 黒すぎて亜空間につながる穴が開いているような感覚に陥ってしまいそう。まさに底の知れないブラックホールみたいな漆黒の新素材が開発されたようだ。

 「ヴァンタブラック(Vantablack)」または「超黒」と呼ばれるこの光吸収素材は、光の吸収率99.965%、つまり光を0.035%しか反射しない、世界一の黒さを誇る。あまりに黒すぎて空洞にしか見えない。まさにブラックホールなのだ。

 ”超黒”は英国のナノテクノロジ―企業、サリー・ナノシステム社のカーボン・ナノチューブを元に開発された。同社が低温度を維持したままのカーボンナノチューブを金属基板上に密着し成長させる技術を開発し、これにより”超黒”の驚くべき可視光吸収能を実現できたそうだ。

1_20140721142037658.jpg

 カーボン・ナノチューブは人間の髪の毛の1万分の1の細さで、チューブ内でギャップを通らない限り光を通さない素材である。”超黒”は鉄より10倍強く、熱伝導率が銅よりも7.5倍良い。

1_20140721142118ab9.jpg

 サリー・ナノシステム社が公開した写真では”超黒”がアルミホイルの上でまるで成長しているかのように見える。アルミホイルは平らではなく、しわくちゃなのだが、”超黒”で覆われている表面は、光の吸収によって滑らかに見える。

 ”超黒”のその底知れぬ黒さは、人間の視覚では対象を正しく識別できないほどだという。例えばこの素材でブラックドレスを仕立てたら、ドレスの形をした穴から人間の頭や手足が浮いているように見えるのではないか?などと言われている。

1_20140721142147578.jpg

 サリー・ナノシステムの主任技術担当者のベン・ジャンセンは「”超黒”を使えば、宇宙望遠鏡のような超精密光学機器でも、余分な光を効率的に吸収・シャットアウトし、最も暗い天体も見えやすくなり、人工衛星の黒体校正システムも小さく軽くすることが出来る。”超黒”の超低率の反射率によって、陸地、宇宙、空中などの計装感度も改善される。」と述べた。

1_20140721142217329.jpg

 ”超黒”は主に、望遠鏡、赤外線スキャンシステム、天体カメラのために作られた。今週ファーンボロー国際航空ショーでお披露目される予定だそうだ。

比べてみてほしい。左が”超黒”で、右側が一般的な黒のCanonのカメラレンズキャップである。
1_20140721142301c5b.jpg

via:elitedaily eandt

☆たしか黒色は、日本人数種類しか区別できへんねんなぁ、外人は数十種類区別できるらしいでぇ、瞳の色の違いらしい!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.