環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

うわ、丸くなった!宇宙空間で火はどのように燃えるのか?火の玉クラゲとなる。
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20140803140252da2.gif

  思わず見入ってしまうこのシーンは、宇宙飛行士のレイド・ワイズマン氏が、宇宙空間における微小重力下で一滴の液体燃料を発火させた様子を撮影したもので、NASAで進行中の点火と消火に関する燃焼実験の一部だ。

 この実験は宇宙空間での望ましい消火方法を見つけるため、微小重力下の炎の様子の調査に捧げられたプロジェクトなのだ。

 映像はまずは点火シーンから撮影されている。それから空中にミニチュアの太陽が生まれる。一瞬炎が広がり消えると、ボウっとしたクラゲみたいなパルスの連続が画面左手に向かって去っていく。以下はワイズマン氏が撮影し、Vine(Twitterでユーザーが動画を共有するアプリケーション)に投稿したものだ。

1_20140803140644dd7.jpg
A floating sphere of fire comes alive in FLEX-2 @ISS_Science – may lead to better engines on Earth.

 ワイズマン氏は、NASA初のVine担当者でもあり、この動画は彼が船長と共に宇宙から投稿したものである。この動画には"Forgot to thank @ISS_Research for this amazing video - floating sphere of fire comes alive in FLEX-2.”という題名が添えられている。どうやら浮遊する火の玉が活発に動き出す様子を伝えるものらしい。FLEX-2とはこの実験の名だという。

 この火の玉そのものは、ISSの微小重力下でエタノールやヘプタンの雫に点火することで生まれる。地上の炎は暖められた空気の上昇によって垂直な形をしているが、地球の周回軌道の炎は重力不足のため自然とドーム型、もしくは球形になる。

 地上のそれによく似ているこの炎は、揺らめきの割りに比較的穏やかに見えるものの実際にはもっと危険だ。地球の周回軌道という場所のせいもあるが、その炎は低酸素でも持続時間が長く、ガス系消化器に対する抵抗力を持っているからだ。

1_20140803140731ad1.jpg

1_20140803140801140.jpg

 NASAの研究は宇宙空間での安全な点火方法を探すだけでなく、ISSの施設内で行われる観測が将来的に地上のエンジニアの助けになることを願っている。中でも特に期待しているのは、低温で燃焼し、大気汚染物質の発生量が少ない炎、いわゆる"cool flames(冷炎)"についての知識を深めることだ。


Space Station Live: Studying Fire In Space (FLEX-2)

via:independent

☆よう、分らん!

祝!レディー・ガガ オープニングアクト!!


おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.