環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

人間にもスーパービジョンが!?不可視とされていたはずの赤外線が特定の条件下で見えることが判明(米研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20141231174418585.jpg

 人間の目は思っている以上に高性能であることが判明した。これまで人は、X線や放射線と同様に、赤外線を見ることができないと考えられてきたが、特定の条件の下では網膜はこれを認識することができるようだ。

 この発見をしたのはワシントン大学医学部の研究チームである。この実験は、赤外線レーザーで作業を行う科学者たちが、時々、緑色の閃光を感じることがあるという報告を受けて実施されたものだった。プレゼンで使うポインターや玩具についているレーザーポインターと違い、実験に用いられる強力な赤外レーザーが放つ光波は、人間の目には見えないと考えられてきた。

 この見えるはずのない光を認識する謎を解明するために、研究チームは赤外線を放射する強力なレーザーを射出する際に、光子の数を一定に揃えた上で様々な照射時間を試してみた。
 すると照射時間が短いほど、光が認識されることが多いことに気がついた。これはレーザー光のパルスが速いときは、網膜内の光を認識する細胞が赤外エネルギーを2重に受けていることが原因である。

1_20141231174517870.jpg

 通常、光子と呼ばれる光の粒子が網膜によって吸収されると、感光色素という分子を作り出す。これが光が視覚に変換されるプロセスの始まりである。標準的な視覚においては、膨大な数の感光色素のそれぞれが1つの光子を吸収する。

 しかし、速いパルスを発するレーザー光では、短いパルスに大量の光子が含まれるため、感光色素1つに同時に2つの光子が吸収される場合がある。光子が2つ合わさったときのエネルギーは色素を活性化可能な大きさであるため、普段なら見ることのできない光を感じることになる。

1_20141231174550984.jpg

 研究チームを主導したウラジミール・ケファロフ氏によれば、可視スペクトルは400~720ナノメートルの光波を含む。しかし1,000ナノメートルの2つの光子ならば500ナノメートルの光子と同程度のエネルギーを有しているため、充分に可視スペクトルの範囲内に納まっているそうだ。

1_2014123117463074a.jpg

 同研究チームはこの2つの光子効果を利用して、目の内部を検査できる新型検眼鏡の開発に着手しているそうだ。その基本原理は、眼球内に赤外レーザーを照射することで、網膜の一部を刺激し、目の構造や機能を確認するというものらしい。

via:dailymail

☆赤外線が見えてもなぁ~!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.