環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

NASAが金星上空に衛星都市、クラウドシティの建設を構想中。火星コロニーよりも現実的?
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_201412311751472a9.jpg

 金星の表面は非常に過酷な環境下にあり、この惑星に人類が降り立つにはまだしばらく時間がかかるかもしれない。NASAではこの環境を克服するために、金星の上空に有人の飛行船を飛ばそうという構想を練っているらしい。

 この計画を考案しているのは、NASAラングレー研究所にあるシステム分析兼コンセプト理事会宇宙ミッション分析部門(Space Mission Analysis Branch of Systems Analysis and Concepts Directorate)のデール・アーニー氏とクリス・ジョーンズ氏だ。同部門によれば、金星への有人飛行の方が火星へのミッションよりも現実的なのだそうで、最終的に人類の恒久的な移住を目指している。

 金星の上空50kmにある大気は、ほぼ地球と同じ気圧であり、重力もわずかに小さいだけだ。これに対して、火星の場合、地球の100/1以下の”海面”気圧であり、重力も40%程度しかない。金星上空は人類が移住するに十分ふさわしい環境を持っているのである。

1_20141231175230f9d.jpg

 金星の50km上空の気温は75℃前後で、地球で記録された最も熱い気温より17℃上回るだけである。一方、火星の平均気温は-63℃であり、人類にはあまりにも過酷すぎる。

 さらにこの高度であれば、太陽光発電が利用できると同時に、太陽の放射線からも身を守ることができる。金星の方が火星よりもずっと近いことも特筆すべきことだろう。地球から火星まで往復650~900日必要なのに対して、金星なら440日で済むのだ。

1_20141231175315a87.jpg

 本計画はHAVOCと呼ばれ、以下の5つのフェーズでなっている。

・フェーズ1:無人探査
・フェーズ2:軌道までの30日間有人ミッション
・フェーズ3:大気圏までの30日間有人ミッション
・フェーズ4:大気圏までの1年間有人ミッション
・フェーズ5:恒久的な人類の移住

 自動操縦による飛行船の大きさはグッドイヤーの飛行船”ブリンプ”の半分ほどだが、有人飛行するタイプでは全長130mに達する。ボディはソーラーパネルで覆われており、下部にはゴンドラを備えている。

 火星よりも現実的とは言え、金星への有人飛行も容易なミッションではない。まず金星軌道に飛行船を格納した宇宙船を前もって送りランデブーする必要がある。ここで輸送船に乗った宇宙飛行士は金星軌道上の飛行船とドッキングする。

1_20141231175359473.jpg

 着陸する表面が存在しないため、通常の”大気圏突入、降下、着陸”プロセスとは異なる。すなわち着陸はミッションの失敗を意味するのだ。金星ミッションで実施されるべきは、”大気圏突入、降下、ガス充填”なのだ。

 エアロシェルに守られた飛行船は秒速7,200mの速度で金星の大気圏に突入する。7分かけてエアロシェルが秒速450mまで減速した後、パラシュートを展開しさらに減速する。この時点でエアロシェアルが投棄され、秒速100mで大気圏を降下しながら飛行船は風船を膨張させる。パラシュートが必要なくなるまで充分に膨張した飛行船は、これも投棄し、金星表面50kmの上空で穏やかに浮かび上がる。

1_20141231175429d8b.jpg

 これが成功すれば、上空に吹く秒速100mの風に乗って、110時間で金星を1周できるようになる。飛行船の乗組員は将来的な有人ミッションに備えるために環境評価を実施する。また500℃、92気圧という金星の灼熱の大地を探査するための自動操縦車を投入することも可能だ。

1_20141231175504da4.jpg

 火星の前に金星を目指すという本計画は、NASAに大幅な計画変更をもたらすものだ。それでも、雲の上に街を築き人類の移住を果たすという重要性を鑑みれば、HAVOCを完全に無視することはできないだろう。


A way to explore Venus

via:io9

☆ロシアは2025年に人類を火星に送る計画を立てているらしい。

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.