環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

お前は既にさらわれている。エイリアンに拉致された可能性のある13の兆候
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20150126005900fe2.jpg

 というか、全く自覚がないままに、君たちは既にエイリアンに拉致された可能性があるかもしれない。実際にエイリアンに拉致されたと自覚する人々が、“拉致された兆候”を13つほどリストアップしてくれたそうだ。

 このリスト「ヒューマン・アー・フリー」は、拉致被害者たちが自分たちの身に起きた体験をもとに編集されているという。さあ、チェックしてみることにしよう。ケンシロウとかに、「お前はすでにさらわれている」。とか指摘される前に。

1.思い出せない記憶がある
拉致されていた間の時間や日数を思い出せない。

2.体につけた覚えのない傷がある
足首や手首や背中にレーザーでカットしたようなシャープな傷がある。
1_201501260059512ae.jpg

3.夜にブンブンという音が聞こえることがある

4.特に夜間に。見張られているような気がする
1_2015012601002608c.jpg

5. 夢遊病かもしれないと感じることがある

6. 突然鼻の病気になったことがある
1_20150126010100b02.jpg

7. フクロウの夢を良くみる

8. 急に肉が嫌いになりベジタリアンになる

9. 自分が自分ではないように感じる
1_20150126010135d81.jpg

10. 枕に血がついていた

11. テレビや電化製品などが突然おかしくなる

12. なぜか食器棚を恐ろしく感じるようになった

13. 体に良いことをしようと無意識のうちに健康食品をとるようになる
1_2015012601020786a.jpg

 『UFO調査マニュアル』の著者ナイジェル・ワトソンによると、宇宙人は、無作為に拉致する人を選んでいるそうだ。拉致された人の特徴は人それぞれである、一概に誘拐されやすいタイプがあるわけではない。

 拉致被害者は、そのときのことを思い出すために退行催眠というやり方がよくとられるが、自発的に思い出す人もいる。拉致の結果は当事者にとって吉と出る場合もあれば、凶と出る場合もある。より信仰心が強くなって、常に心穏やかに過ごす人もいれば、逆にドラッグやアルコール依存症になって、常軌を逸した行動をとる者もいる。

 こうした行動の引き金は、本来なら心理学的な問題だが、拉致被害者の研究者は、拉致の証拠を報告するかなりの数の人が、その後の影響については語らないという。もしかしたら記憶すら書き換えられている可能性も否めない。

via:metro.

☆俺も既にさらわれていた可能性があるぞ?

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.