環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

1月26日、小惑星「2004 BL86」が地球に最大接近!天体望遠鏡のある人は観測のチャンス!
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20150126010930a14.jpg

 謎の多い小惑星「2004 BL86」が、地球に迫ってきているという。NASAの発表によると、1月26日に地球に最大接近するそうだ。

 2004 BL86は、反射の光度から分析すると、直径500mほどの大きさがあると見られている。小惑星としては大き目のサイズで、地球・月間の距離のおよそ3倍の位置を通過するという。

 2004 BL86は今月26日、地球・月間の距離のおよそ3倍となる120万kmの地点まで接近するとみられている。NASA地球近傍天体プログラムで16年間事務局長を務めたドン・ヨーマンズ氏によれば、過去200年で最大の接近となるそうで、近い将来において地球の脅威となることはないが、比較的大きめの小惑星としては結構な距離まで接近することになるため、観測には絶好のチャンスとなるという。

1_2015012601101853e.gif

 例えばNASAでは、マイクロ波で2004 BL86を観測しようと計画している。米カリフォルニア州ゴールドストーンのディープスペースネットワークと、プエルトリコにあるアレシボ天文台が、この小惑星が地球に最接近を果たす数日の間に、科学的データとレーダー画像を収拾する予定だ。

1_2015012601105387b.jpg

 「接近後にレーダーデータを収拾すれば、初の詳細な画像を手に入れることになります」と語るのは、ジェット推進研究所のレーダー天文学者であり、今回ゴールドストーンで主任研究者を務めるランス・ベナー氏だ。「現段階では、この小惑星のことはほとんど判っておらず、きっとサプライズがあるはずです」と同氏。

 2004 BL86は2004年1月30日に、米ニューメキシコ州ホワイトサンズでのリンカーン地球近傍小惑星探査(LINEAR)で発見された。小型の望遠鏡や高性能の双眼鏡があれば、アマチュアの天文ファンでも観測が可能だそうで、既に引退したヨーマンズ氏も、愛用の双眼鏡片手に探してみると意気込みを語る。

1_20150126011126a38.jpg

 「小惑星は特別なものです。地球に生命の部品と大量の水を贈ってくれたのみならず、将来的には鉱物などの天然資源の貴重な宝庫となるでしょう。また、人類にとっては、太陽系の探査を継続するうえで、補給基地の役割を果たすようにもなります。だから小惑星を見上げたくなるのです。」

 ちなみに懸念される地球との衝突だが、”近い将来”において危険はないとのこと。だが次が控えている。12年後の2027年、小惑星”1999 AN10” が更に地球の近くを通過するという。

via:dailymail

☆またしても、情報が遅すぎました!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.