環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

脳に超音波を当てるとやる気がでて気分が良くなる(米研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20150222172846aea.jpg

 超音波というと身近なところでは電動歯ブラシなんかがあって、毎日お世話になっていたりするが、そんな超音波を脳の特定部位にあてることで「気分が軽く、意欲的に」なるという研究が発表されたそうだ。

 米アリゾナ大学意識研究センターの研究チームを率いるスチュワート・ハメロフ博士は、動物の脳に超音波をあてることで動物の意識に変化が現れたという実験の結果に興味を持ち、まずは自らが実験台となることに。

1_20150222172934aa1.jpg

 超音波を送る装置を15秒間、自分の頭に向けたところ、最初はなにも感じなかったものの1分後、まるでマティーニを飲んだような良い気分になりはじめたという。

 高揚した気分は1~2時間続いたように感じられたそうだが、プラセボ効果の可能性もある為、博士は、慢性疼痛の患者を対象にした二重盲検法による臨床研究を立ち上げた。この実験では患者だけでなく観察者側も、超音波装置のスイッチが入っているのかがわからない。その結果、頭蓋に超音波をあてられた患者は最大で40分間、気分が改善されたそうだ。超音波をあてられなかった患者は気分に変化はなかった。



 ハメロフ博士らは2MHzの超音波を30秒間あてる場合が、患者の気分がプラスに変化する可能性が最も高くなると結論した。ハメロフ博士の同僚であるジェイ・サンギネッティによると、この方法で治療を受けた患者は「軽く、幸せな気分になり、ほんの少し注意深く、ほんの少し意欲的になった」という。サンギネッティ氏は、気分の高揚が生じるのは超音波によって「気分に関係する脳の部位で、神経細胞がほんの少し発火しやすくなる」ためだと説明している。

 超音波は、微小管とニューロン(神経細胞)膜とに作用すると考えられている。研究論文では、「微小管はシナプスの可塑性に深く関係しており、理論的には学習、記憶、および意識経験に関わる可能性がある。頭蓋に超音波をあてることは、抑うつ症や低酸素の外傷性脳損傷、脳卒中、学習、アルツハイマー病、精神疾患、意識状態の変化といった、精神や神経のさまざまな疾患に有用な可能性がある」と結論されている。

 研究者らは現在、ハードウェア企業のNeurotrek社と協力して、脳の特定の部位を超音波で狙うことができる機器を開発しているそうだ。

 via:sciencedailysankei.jp

☆記憶力がよくなる、部位を発見してくれ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.