環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

現存する7つの大きな隕石
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20150303111754f6f.jpg

 人間が地上で発見する隕石はたいてい、同じ太陽系からやってきた比較的小さな岩が大気圏に突入してきて、地球の表面にぶつかって冷えたものだ。これらは、隕石よりもずっと大きい小惑星とは違うが、だからといって、隕石がすべて小さなものとは限らない。地球にぶつかったかなり大きな隕石を紹介してみよう。

1. ウィラメッテ隕石
1_2015030311185016b.png
 1901年、アメリカ北西部で見つかった、15.5トン近くもある大きな隕石。アメリカ自然史博物館に所蔵されている。アメリカ国内で最大の隕石。

2. ムボジ隕石
1_20150303111948b8f.png
16トンもあるこの大きな隕石は、アフリカ、タンザニアにある。1930年に発見されたと言われているが、衝突によるクレーターが見当たらないことから、研究者たちは衝突後に落ちてきたか、クレーターの痕跡が消えてしまうほど昔の衝突だった可能性があると言っている。

3. グリーンランドのアグパリリク隕石
1_20150303112037a23.png
 グリーンランドのケープヨーク隕石の4つに割れた破片のひとつ。破片といっても20トンはある大きなもの。

4.バクビリート隕石
1_2015030311212467f.png
 メキシコにある隕石で、現在のところ世界最長とされている。重さ22トン。

5. グリーンランドのアーニートゥ隕石
1_2015030311221380c.png
 ケープヨーク隕石の一部。重さ31トン。20世紀初頭、グリーンランドからアメリカの自然史博物館に売却された。人類によって運ばれた最大の隕石。

6. エルチャコ
1_20150303112304ef8.png
 アルゼンチンにある隕石。37トンというその大きさもさることながら奇怪な岩。

7. ホバ隕石
1_201503031123532c6.png
 ナミビアのこの隕石は重さ60トン。これまで発見された隕石の中で世界最大。約8万年前に地球にやってきたと考えられている。1920年に、畑を耕そうとしていた農夫によって発見された。

via:viralnova

 ちなみに日本の場合には、国土が狭いため国内に落下が確認された隕石の数はそれほど多くない。隕石と認定されたものは50個ほどで、最古のものは、861年5月19日(貞観3年4月7日)に福岡県直方市に落下し、須賀神社に保存されている直方隕石 (0.472kg) である。これは、落下記録が残っている隕石で、現存するものとしては世界最古のものだそうだ。

1_20150303112535085.jpg
かなり小さい。しかもこれはレプリカである。

☆海の中には、かなりの隕石があるっちゅ~こっちゃ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.