環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

月と地球の地質に共通点?月は衝突の結果生まれた地球の双子である可能性が裏付けられる(イスラエル研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20150425233303363.jpg

 夜空を静かに照らすうるわしきお月様の出生は、意外にも極めて荒々しいものだった。

 1970年、研究者によって”ジャイアント・インパクト説”が提唱された。これはおよそ45億年前に地球と別の惑星が衝突したことから月が生まれたとする仮説だ。同仮説によれば、かつて太陽からの地球の距離とほぼ同じ距離に、火星ほどの大きさを持つ原始惑星テイアが存在していたが、何らかの原因で通常の軌道を逸れ、斜角で地球に衝突した。そして、この衝撃によってテイアは粉々に砕け、やがてその破片がまとまり月となったと説明する。

 しかし、この説にはちょっとした問題があった。同理論が示唆することは、月が地球と謎めいたテイア由来の物質で構成されているということだ。これまでの調査では、月が地球の組成と非常によく似ていることが明らかとなっている。すなわち、ジャイアント・インパクト説が正しいのならば、はるか昔に失われたテイアも地球の姉妹とでもいえる存在でなければならないことを意味している。

1_201504252333484d0.jpg

 実は当時から多くの研究者が地球とテイアに密接な関係がある可能性は極めて低いと睨んできたため、この疑義はかねてより同理論の泣き所であった。その確率は1パーセント程度でしかないと試算した研究者もいるほどだ。

 だが、ネイチャーに掲載された最新の論文によれば、もっと楽観的になってもよさそうだ。イスラエル工科大学の天文学者ハガイ・ペレッツ氏の研究チームの推定では、テイアが地質的に地球に類似していた可能性は5回に1回ほどらしい。

1_20150425233428f7d.jpg

 同チームが実施したのは、月が形成された当時の太陽系をシミュレーションすることだ。その目的は、衝突する巨大惑星が似ている頻度を確認した。すると、当時の衝突の20~40パーセントが、非常に似たもの同士との間で発生していたことが判明した。

 つまり、それらは太陽からほぼ同じ距離の軌道に存在し、同じ原始惑星の物質で構成されていたということである。結局のところ、テイアと地球がクローンのような存在であるとするジャイアント・インパクト説は、突飛な話ではなかったのだ。

1_201504252335004c0.jpg

 これによって同仮説を巡る議論に完全な決着がつくわけではないが、頼もしい援護射撃となることは間違いない。しかも、謎めいた点などほとんど残さない素晴らしい起源の解明ではないか。

via:popsci

☆月の事すら分らんのに、宇宙の起源なんか分るわけないワイ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.