環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

こいつ、動くぞ?自力で形状を変化させる生命体のような液体金属が開発される
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20150425234953e80.gif

 自己発電式液体金属モーターによって、『ターミネーター2』に登場した形状を自由に変化させる液体金属のロボット、T-1000の実現に一歩近づいたようだ。

 この装置は実にシンプルで、30度以下では液体を保つガリウムに、インジウムとスズを混ぜて形成した金属合金の滴という代物だ。水酸化ナトリウムの溶液(なんと食塩水でも可)の中に置き、”燃料”としてアルミニウム箔に接触させると、1時間ほど動き回る。真っ直ぐにも、丸い皿の淵に沿っても移動可能で、複雑な形状に潰れながら動くこともできる。

Self-fuelled liquid metal motor


 「この柔らかいマシンはかなりの知性を持っているかのようで、ターミネーターのように移動する空間に合わせて変形します。この不可思議な挙動は、自然の生命体とそっくりです」と中国北京にある精華大学のジン・リウ氏は話しながら、生命の定義についても疑問を投げかけた。

 リウ氏のチームが滴の動きを最初に見たとき、その仕組みがよく解らなかったという。実験から判明したのは、2つのメカニズムだった。電荷の不均衡からある程度の推進力が生じ、これが今度は前部と後部の間に圧力の差異を作り出し、前方へ押し出す。また、アルミニウムも水酸化ナトリウムと反応して水素の泡を発生させるため、滴の速度をさらに上げてくれる。

1_20150425235234371.gif

 他の研究者は、動かないガリウムの滴が電場内でポンプの機能を果たせることを示している。リウ氏はこのアイデアを検討し、自己発電式液体金属モーターを固定すれば、これもまたポンプとなって、毎秒50mLの水を移動させることを証明した。「世界初の自己発電型ポンプです」とリウ氏は言う。同チームによれば、これを直接応用すれば、外部電源を備えることなく、液体を冷却器に通すことができるようになるそうだ。
 
 今回の成果は、柔軟で、臨機応変に姿を変化させる知能を持った、映画のT-1000にも似たロボットを作るという、長年の試みの一環である。彼らの装置に基づいたロボットなら、やがては環境の監視や、パイプから血管にいたる管の内部に物質を輸送する場合に利用できると、リウ氏は説明する。

 昨年、リウ氏の研究チームと米ノースカロライナ州立大学のマイケル・ディッキー氏のチームが、ガリウム合金が電流に応じて複雑な形状を取れることを発表した。これは電流が切れると、元の単純な滴状の形状に戻る。リウ氏によれば、これら2つの方法を同時に用いれば、滴の速度を変化させたり、滴を連携させて群れを作ったりできるそうだ。

1_20150425235319a1e.jpg

 この発明は未来の液体ロボットにおいて化学エネルギーを機械エネルギーに変換するうえで役に立つと、東京大学の豊田太郎氏は話す。「このような液体ロボットは、映画に登場する人工生命の種となるでしょう。私は『ターミネーター2』よりは『フラバー』に育て上げたいですがね。」

1_201504252354124e6.gif

via:newscientist

☆頭脳となるコンピュータの部品まで作れたら、人類は終わりじゃ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.