環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

新種の人類?人類の祖先につながる新しい種 ”アウストラロピテクス・デイレメダ” が見つかる。(エチオピア)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_2015060520533995f.jpg

  「ピテカントロプスになる日も近づいたんだよ~」。 とたまが歌っていたことを、なぜか思い出してしまったわけだが全く関係ない。人類の系図を書き換える新たなる発見があったようだ。

 人類学者たちが、350万年前に生きていた新たな祖先を発見したと発表した。そこは現エチオピア。奇しくもアウストラロピテクス・アファレンシスが見つかった場所のすぐそばだったそうだ。

 わたしたち現生人類の祖先、『アウストラロピテクス・アファレンシス』と言われている。部分的にではあるが、ほぼ完璧な骨格で発見された有名な女性ルーシーの名前は聞いたことがあるだろう。新たに発見されたこの種は、ルーシーの属するアファレンシスと同時代に存在していたので、この発見は人類の起源というパズルの注目すべき新たなピースになるという。

1_201506052100333ef.jpg

 人類学者のヨハネス・ハイレ=セラシエとそのチームは、この新しい種に『アウストラロピテクス・デイレメダ』と名づけた。2011年に中央エチオピアのアファール地方の古生物発掘現場で上顎と下顎の化石を見つけ、4年の研究を経て、英科学誌『ネイチャー』に発表した。

 放射線年代測定と化石が見つかった土壌の地質をもとに、ハイレ=セラシエらは化石が330万年~350万年前のものであることを割り出した。デイレメダの歯や顎はルーシーたちアファレンシスとは少し違っているため、デイレメダがルーシーたちから枝分かれした種だと分類する結果となった。デイレメダとルーシーらは、それぞれ異なった食糧を食べるために進化したと思われる。つまり、食べ物によって噛み方や咀嚼の仕方が違い、よって顎や歯の形が変わったというのだ。

1_20150605210112fde.png

 これは、300万年前に複数の人類の種が同時に存在していた決定的な証拠だという。ハイレ=セラシエは以前にも同じ場所で足の一部の化石を発見していたが、それがデイレメダのものかどうか、十分な証拠がなかった。つい最近まで、一時期にたったひとつ存在していた人間の種が、進化の過程でゆっくりと次の種を生み出したと研究者たちは確信していた。しかし、その変化はとても緩やかなため、どの時点で前の種がいなくなり、次の種がとって代ったのか、はっきりさせることは難しいのはわかっている。

 300万~400万年前の東アフリカで2~3種の人類が同時に存在していたのなら、それより前の種が必ずいたはずだ。もっと最近、5万~6万年前には、ユーラシアの現生人類はネアンデルタール人と共存していたし、交配していたことが解剖学的にわかっている。

1_20150605210150460.jpg

 デイレメダの顎の骨は、ルーシー(1973年発見)の骨や、ほかのアファレンシスが発見された場所から22マイル(35キロ)のところで見つかった。デイレメダがルーシーたちと実際に関連性があったかどうかはまだ確信はなく、研究者たちは彼らと現生人類の間の系図の正確な枝分かれの形をなんとか見極めようとしている。

1_2015060521022657d.jpg

 デイレメダとルーシーたちの枝が近いことで、はっきりと異なるふたつの種の間に交流があったのかどうかという興味深い疑問がわく。友好的な隣人だったのか、あるいは居住地や食糧や水を巡って争っていたのか、もしかして交配することができたのか? 真相はまだわからない。わたしたちは人類の複雑な歴史をひもとき始めたばかりなのだ。

via:dailymail

☆見つかった、化石と化石の間が開きすぎてんねん。

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.