環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

IQ(知能指数)の高さよりも大切な「ICE」とは?(米研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_201506052113597bf.jpg

 IQ(intelligence quotient=知能指数)とは、端的にいうと情報処理の能力と答えに達するまでのスピードを示す抽象的な数値である。もちろん、IQが日々の生活や仕事にとって重要であることに違いはない。特に複雑なタスクにおいては、高いIQがものをいう。

 しかし、実は社会生活において、成功の鍵を握っているのは、IQに加えてCQ(curiosity/creativity quotient=好奇心または創造性指数)と EQ(emotional quotient=感情指数/心の知能指数)、その3つのバランス「ICE」なのだという。

 ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの経営心理学の教授を務めるトマス・チャモロ=プレミュジック博士は、『ハーバード・ビジネス・レビュー』誌に寄稿した文章のなかで、現代社会の複雑性をうまく管理するには、知能(IQ)、好奇心(CQ)、共感力(EQ)という3つ(ICE)のバランスがとれていることが重要だと指摘する。

1_20150605211451d79.jpg

 IQは短期間に多くの情報を処理することを可能にし、CQは総合的な知識とリスクを恐れない冒険心をもたらし、EQは感情をコントロールする。IQだけでは不確かで複雑な局面を乗り越え、柔軟な対応をすることは難しいが、それをEQとCQが補ってくれるのだ。

 また、ICEのうちどれかひとつが劣っている場合、ほかの部分でそれを埋め合わせることで、成功に近づくことが可能になる。

 このことは、特別高いIQを持たない人間にとっては朗報かもしれない。IQを伸ばすことは難しいが、好奇心と共感力なら、生涯を通じて自らの努力で高めていくことができるからだ。

 EQとは、感情を認識してそれをコントロールし、表現する能力を示す。複雑な物事を管理しようとするとき、EQは3つの点で関わってくる。第一に、EQの高い人はストレスや不安にさほど左右されずに行動することができる。

 第二に、EQの高い人は対人スキルが高く、複雑な組織内政治もうまく乗り切りやすい。最後に、EQの高い人は起業家精神に富む人が多く、新しい機会やリスクに前向きに立ち向かい、クリエイティブな発想を実際のイノベーションへと変える力を持っている。

1_20150605211534350.jpg

 CQは、ハングリー精神につながる。CQの高い人は知識欲が旺盛で、新しいことに対して開かれている。目新しいことにワクワクする一方で、ルーティンにはすぐに飽きてしまう。独自のアイデアが豊富で、慣習にとらわれない人も多い。

 CQはまだIQやEQほど研究がされていない新しい概念だが、やはり複雑な物事を管理する際に、2つの点で重要な役割を果たす。第一に、CQの高い人は、概して曖昧さに対して寛容で、複雑な状況におけるニュアンスを汲み取る能力に長けている。第二に、CQの高い人は教育や知識獲得に対する投資を惜しまない傾向がある。そうして蓄積された知識と経験は、複雑な問題に対する簡潔な答えを導き出しやすくする。

 好奇心(CQ)を発達させるには、あらゆる物事を当然だと思わず、つねに問いかける姿勢を保つことが必要だ。かのアインシュタインも、「大切なのは、つねに疑問を持ち続けること。神聖な好奇心を失ってはならない」「私には特別な才能はない。あるのは、非常に強い好奇心だけだ」という名言を残している。

 共感力(EQ)を発達させるのはやや難しいが、とにかく人の話によく耳を傾けること。そして、自分以外の人が何を考え、何を感じているのかを想像することが大切だ。

 知能はもちろん重要だが、好奇心と共感力が伴わなければ本来の力が発揮できないと考え、ICEをバランスよく伸ばしていくことを意識するのが成功への鍵だと言えるだろう。

via:99u

☆ショックじゃ~!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.