環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

50メートル先からロックオン!一度目をつけられたらヤツからは逃れられない・・・蚊の驚くべきハンティング能力が明らかに(米研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_201507250204221ce.jpg

 文字通り血で血を洗う、蚊との死闘の季節が到来したわけだが、奴らの一刺しから逃れることはどうやら絶望的に難しいようだ。虫除けで皮膚を完全武装しても、狡猾な蚊は血液をいただくポイントを見つけ出してしまう。

 この度、その卓越したハンティング能力の秘密が最新の研究によって明らかにされた。どうやら、蚊は3つの感覚を駆使して獲物を狙っているようなのだ。

 まず、蚊は最大50m先の獲物の呼吸の臭いを嗅ぎつける。次に15mにまで接近すると視覚で目標を捉える。そして、最終的に獲物の体温を感知する。もはや奴らから逃れることは不可能に近い。熱を感知できるのだから、たとえ透明人間になったとしても、発見されてしまう可能性があるのだ。

 カリフォルニア工科大学の科学者の言を借りれば、「蚊の狩猟能力はうんざりするほどたくましい」のだ。

1_20150725020517014.jpg

 血液を吸うのはメスであるが、その嗅覚を検査したところ、呼吸の中に大量に含まれる二酸化炭素の流れに反応することが判明した。しかし、普通の空気には関心を示さない。飢えたメスが反応するのは二酸化炭素の濃度が高い場合だ。

 熱もまた重要だ。体温に似せた熱をもたせた物体は、室温の物体よりも蚊の関心を引くことが証明されている。

 脳が異なる感覚からもたらされる情報を組み合わせて適切な判断を下すメカニズムは、神経科学の主要なテーマの1つだという。「獲物を求めるメスの蚊がかなり洗練された方法でこれを行っていることを、実験が示唆しています」とマイケル・ディキンソン氏。

 「蚊は付近の獲物の存在を示す臭いを察知すると、視覚特性にのみ注意を払うようになります。こうして、岩や植物のような間違った目標を探すという、時間の浪費を避けているのです」

 ディキンソン氏によれば、仮に永遠に息を止めることができて、周りの人が二酸化炭素の流れを作り出していたとしても、視覚的にロックオンされていれば意味がない。したがって、最も理に叶った防御方法は透明人間になるか、少なくとも視覚的なステルス効果を作ることだという。それでも、体温から発見されてしまう可能性があるというのだから厄介だ。

1_201507250205536d9.jpg

 なお、本研究は防虫剤の改良に役立つ可能性があるようだ。だが、新しい虫除けが開発されるまでは蚊との死闘を覚悟したほうがよさそうだ。

via:dailymail

 嗅覚・視覚・熱感知という3つの感覚機能を駆使し、一度狙いを定めたら、ミッションを遂行するまで追尾されるとか、まるでターミネーターのようだ。そういわれてみれば、蚊に近づかれて結構遠くまで逃げたはずなのに振り返ればヤツがいたことがあったな。この研究、軍事利用したらとんでもないロボット兵士ができそうだ。

☆蚊って、脳ミソあるんかいな?

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.