環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

NASAの極秘テープが流出、1973年、NASAは火星への有人ミッションを成功させていた!?
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_201510111519068b2.png

 NASAから流出したとされるそのテープの冒頭にはこう書かれていた。


Project Redsun(赤い太陽計画) 1973年 
ISVコロンブス 内部使用オンリー、一般公開禁止


 これまでも、極秘の軍事宇宙プロジェクト、「赤い太陽計画」が存在したのかどうかの議論は繰り広げられていたが、もしこの映像が本物ならその信憑性は高まってきたのかもしれない。このフィルムには、宇宙飛行士らが火星の上空を飛行し、火星の表面を撮影している様子が映し出されているのだ。

TOP SECRET NASA VIDEO - VIDEO SECRETO DA NASA


 宇宙飛行士らが機内から撮影した月と地球

8


 渡航は既に158日目を迎えた

9


 そしてついに火星に近づいた

11


 火星の上空から撮影された映像

13


14


 確かにこの地表は火星のように見える

15


18


19


20


 もしこの映像が本当なら、NASAは火星に水があることを既に知っていたことになる。陰謀論者らは、火星探査機キュリオシティを大々的に飛ばしてさも新しい情報を拾ったように言っているが、NASAは既に火星に太陽発電所すら建設していると噂している。



 赤い太陽計画は、火星に基地を建設するためのプロジェクトだったと言われており、既にその証拠ともいえる写真が数年前に出回っている。アメリカ人の宇宙飛行士、エドウィン・バズ・オルドリンと、二ール・アームストロングが、1970年に火星に着陸したとされるものだ。



30_e0


31_e1


 アメリカの宇宙計画は赤い太陽計画だけではない。1960年代には、レティクル座ゼータ連星系の惑星セルポへ、アメリカ軍人12名を交換留学に出す「プロジェクト・セルポ」と行っていたとされている。



 この情報は、アメリカ国防情報局の元職員がリークしたもので、「ロズウェル事件」で生き残った宇宙人の協力の元、このプロジェクトが実現したという。



 この宇宙人は、「イーブ(EBE = Extraterrestrial Biological Entity / 地球外生命体すなわち宇宙人)」と呼ばれ、1952年に死亡するまでアメリカ合衆国内の秘密施設で生存したそうだ。



00


 ということでまあ、陰謀論者にとっては「やはりそうだったか」という話になってくるのだが、宇宙にロマンを求める我々の場合には、NASAがゴソゴソなんかしてようがしていまいが、とりあえず生きているうちに火星への有人飛行頼んだよって話なんだ。

☆一般公開してくれやぁ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.