環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

ハッブル宇宙望遠鏡が超高解像度でとらえた木星には新しい変化が訪れていた
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

4


 米航空宇宙局(NASA)は毎年木星の映像を更新しているが、今年のプロジェクトは特に魅力的だった。NASAでは毎年ハッブル宇宙望遠鏡でこの巨大惑星の現在と未来に渡る変化を撮影し続けている。この観測は、風、雲、嵐、大気の化学的性質などの幅広い特徴を捉えるよう意図されたものだ。



 高解像度で撮影された木星の画像は既に赤道の北側にある珍しい波と、これまで知られていなかった大赤斑の核にある独特のフィラメント状の特徴を明らかにした。





NASA | Jupiter in 4k Ultra HD



 NASAのゴダード宇宙飛行センターでは、ハッブル宇宙望遠鏡に搭載されている広視野カメラ3を使用して行った観測から、2枚の木星のグローバル地図を作成した。この2枚は回転する木星の表と裏を写したもので、その風速を推測することができる。



 また、画像からは、大赤斑に何年も起きていた縮小を続け、円形に近づく傾向が現在でも変わらないことを確認できる。この特徴的な嵐の長軸は、2014年の時と比べて240km短くなっている。最近は通常以上の速さで縮小が続いていた嵐だが、最新の変化は長期的なトレンドと一致したものである。



 大赤斑は赤よりはオレンジっぽい色合いになり、通常はより強い色合いをしているはずのその核は、以前ほど目立たなくなっている。また、独特の小さい微かなフィラメントが大赤斑の幅全体に渡って観測される。大赤斑の連続画像からは、このフィラメント状の流れが秒速150m以上の風によって歪められながら、10時間間隔で回転していることが分かる。



 木星の赤道地帯北側では、数十年前にボイジャー2号によってたった1度だけ発見されたことがある、微かな波が観測された。波は非常に視認しにくく、北緯16度付近の低気圧と高気圧が点在する領域を移動する姿が発見されるまでは、かつて観測されたものとはかなり違った姿をしていた。地球の大気の低気圧が形成される場所では、傾圧波というこれに類似した波が出現することがある。



2_e12
木星の北赤道地帯で発見された非常に珍しい波。着色合成画像からは低気圧(矢印)と波(縦の線)が確認できる(出典:NASA/ESA/Goddard/UCBerkeley/JPL-Caltech/STScI)



 研究者によれば、波は雲の下の澄んだ層で発生したもので、これが雲層まで伝搬した時に視認できるようになる可能性があるようだ。この説は、波高点の間にある空間によって裏付けられる。



3_e
一番目の地図と二番目の地図を比較することで、木星の雲の動きを見て取れる。青枠と赤枠の大赤斑の拡大画像から、これまで見られなかったフィラメント状の特徴が確認できる(出典:NASA/ESA/Goddard/UCBerkeley/JPL-Caltech/STScI)



 木星の他に、海王星と天王星も観測された。両惑星の地図もいずれ公開アーカイブにアップされる予定だ。その後には土星が追加される。ハッブル宇宙望遠鏡は毎年、外惑星大気遺産プログラム(Outer Planet Atomospheres Legacy program)に貢献している。



1_e12


 このプログラムによって作成された地図は、巨大惑星の大気について理解を深める手がかりになるだけでなく、他の惑星の周囲に発見された大気、さらには地球の大気や海洋の理解にも役立つ。長期的には大きな価値を秘めたものであるそうだ。

via:nasa


☆木星って、こんなんやったんや!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.