環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

10月31日のハロウィン当日、地球に最接近する小惑星「2015 TB145」は彗星である可能性(NASA)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20151025122604d8d.jpg

 2015年10月31日、ハロウィンの日に小惑星「2015 TB145」が地球に最接近するというニュースが報道されているが、実際には彗星である可能性があるそうだ。

 およそ400mほどの小惑星「2015 TB145」、通称「スプーキー(不気味)」は、時速12万6000kmという超高速で、10月31日に地球から48万km離れた地点を通過する。この距離は、地球と月の平均距離のわずか1.3倍でしかない。





NASA on Alert as HUGE Asteroid '2015 TB145' Set to Pass Earth with Highly Uncertain Orbit



 天文学者は、米カリフォルニア州にあるNASAのゴールドストーン深宇宙通信施設に配備されている34mアンテナを使い、スプーキーに電波を当てる予定だ。反射された信号はウェストバージニア州のグリーンバンク望遠鏡とプエルトリコのアレシボ天文台で回収される。



 その目的は、大きさ、形、表面の特徴などの重要な詳細データを得ることである。こうすることで、その真の正体も判明するかもしれない。



5_e1
2015年10月31日に2015 TB145が通過する進路(出典:NASA/JPL-Caltech)



 「スプーキーの軌道は楕円形で、太陽系の面下に対して強い傾斜角を有しています。この独特の軌道と、秒速35kmという高い遭遇速度から、一種の彗星なのではないかと疑われます。もしそうなら、これほどまでの近距離から彗星を捉えるのはゴールドストーンにとって初めてのことになるでしょう」とNASAジェット推進研究所のランス・ベナーさんは説明する。



6_e1


ネットのライブ中継でスプーキーを観察しよう!



 ハロウィンの晩、スプーキーを肉眼で観察するのは難しいだろう。そこで、興味のある方はネットをチェックするといい。例えば、バーチャル・テレスコープ・プロジェクトでは10月31日0時00分GMT(日本時間8時)から、スロー・コミュニティ・オブザーバトリーでは同日17時00分GMT(日本時間25時)からライブで通過の様子を配信してくれる。



バーチャル・テレスコープ・プロジェクト 日本時間:10月31日午前8時~

no title




スロー・コミュニティ・オブザーバトリー 日本時間:11月1日午前1時~

no title




 10月10日に発見されたばかりのスプーキーは、3年に1度の周期で太陽を周回している。数百万は存在すると考えられている地球近傍天体(NEO)の1つである。



 これまで13,000個のNEOが発見されており、地球の周辺には名もなき潜在的に危険な岩石が大量に漂っていることが明らかとなってきた。良い知らせは最大級のNEOの95%が既に発見されており、いずれも近い将来地球の脅威にはならないと判明していることだ。



4_e1


 NASAによれば、スプーキーの接近は何ら危険なものではないという。だが2027年には大きさ800mの1999 AN10が地球-月間に相当する38.5万kmの地点をかすめるので、こちらの方が要注意とのことだ。



via:space

☆最接近って、こないだいつ接近してん!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.