環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

このヌルヌルした海中生物の遺伝子の70%はあなたと同じである(日本研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e19


 人間と深海の生物には想像以上に共通点がある。5億年以上前、人類と特定の海洋虫は共通の祖先を持っていた。そのおかげで今日においても数多くの同じ遺伝子を共有しているのだそうだ。



 これは最近の研究から明らかになった事実で、沖縄科学技術大学院大学(OIST)のオレグ・シマコフ博士によれば、人類とギボシムシ類は遠い親戚であるという。

 もちろん、手足はなく、消化管の切れ目を通して呼吸するギボシムシ類は、人間とは似ても似つかない。だが、およそ14,000個、すわなちの70%の遺伝子を人間と共有していることは紛れもない事実だ。これらの遺伝子は、5億年前に起きたカンブリア爆発に存在した共通の祖先から受け継いだものである。



 この共通の祖先から遺伝子を受け継いだのは、人間やギボシムシ類だけではない。頭索類、さらにはあらゆる脊椎動物もその子孫である。この系統の動物を新口動物群という。



1_e20
コワレフスキーギボシムシの幼生。咽頭部の青くハイライトされたゲノムに存在する、遺伝子のスイッチを操作するたんぱく質が使用されている。



 ヒトを含む脊椎動物は、ホヤの尾索動物、ナメクジウオの頭索動物とともに脊索動物と呼ばれる動物群を構成している。脊索動物に近縁な動物群は、ウニやヒトデなどの棘皮動物、ギボシムシなどの半索動物があげられる。棘皮動物と半索動物は発生様式の類似性などから歩帯動物(あるいは水腔動物)群と呼ばれており、この歩帯動物と脊索動物は発生の初期で消化管を作るときに、最初に陥入した部分(原口)が将来の肛門になり、口は後に新しく開くという共通点を持つことから、新口動物群と呼ばれている。

沖縄科学技術大学院大学 OISTより




 現存する新口動物群の中では、ギボシムシ類は最も古いもので、新口動物の起源である5億7000万年前にまで遡ることができる。新口動物が進化するにつれて、ギボシムシ類よりも複雑な種が多く出現した。しかし、そうした新しい種でさえ、一部の身体的な特徴は単純であるが同じ働きをするギボシムシ類の遺伝子と関連している可能性がある。



 こうした遺伝子データは、まだ未解明の進化のピースを埋める上で役に立つ。ギボシムシ類のゲノムをシークエンシング(DNAを構成するヌクレオチドの塩基配列を決定すること)し、これを様々な動物と比較することで、ギボシムシ類が持つ8,716種の遺伝子族が新口動物群に共有されていることが判明した。



5_e12


 ある遺伝子族は新口動物特有の遺伝子クラスターを含んでおり、これはギボシムシ類の摂食と呼吸に関連している。ギボシムシ類は口と食道の間にある切れ目を使って餌を食べる。この切れ目からは海水も通るが、消化管にもつながっている。こうした構造は、新口動物以外では見ることのできないものだ。





動画が2つあるのはエディタのバグです!


 本研究からは、これらの遺伝子が新口動物のエラの発達にも関連している可能性が明らかとなっている。そして、人間においてすら、食道と鼻や口をつなぐ管である咽頭の発達に何らかの役割を果たしているかもしれないという。



via:nature.livescience

☆なんか、違うところがあるような気がするが・・・!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.